埼玉県議会 県議会

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

ページ番号:33027

掲載日:2019年5月22日

平成26年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (水村篤弘議員)

介護職に就いていない有資格者の活用を

Q 水村篤弘議員(民主・無所属

現在、国では、介護人材不足を補うために外国人活用についての議論も行われています。しかし、介護福祉士だけでも50万人の有資格者が資格を生かし切れていないと言われています。こうした介護資格を取得しながら離職してしまった人への復職、資格活用についてどのように取り組んでいくのか、お伺いをいたします。

A 鈴木豊彦 福祉部長

県内には、介護福祉士の資格を有していながら就労していない方が、現在約26,000人いると推定いたしております。
こうした就労していない介護福祉士に介護現場に復帰していただくことは、介護人材が不足している現状にあっては重要な課題と考えております。
しかし、潜在有資格者が再就職をするに当たっては、最近の介護現場がどうなっているか、あるいは介護技術的についていけるかといった漠然とした不安を抱えている方も多いと聞いております。
このため、県では、県社会福祉協議会に委託し、就職相談や研修の紹介、具体的な仕事のマッチングを行うとともに、県女性キャリアセンターにおいて実習・体験型の再就職支援を行っております。
また、今年度は介護職員が安心して休暇が取れるよう施設等に代替職員を派遣する取組を行っておりますが、この取組の中で代替職員として短期間就労した方が自信を得て本格的な就労に移行していくという効果も期待できます。
今後ともこうした資格を有しながら現場を離れている方の再就職を増やしていくため、さらなる支援策の充実を検討してまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?