埼玉県議会

ここから本文です。

ページ番号:32977

掲載日:2019年5月29日

平成26年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (新井 豪議員)

「西関東連絡道路」の事業展開について

Q 新井 豪議員(自民)

次に、地域の道路と基幹道路の整備についてのうち、「西関東連絡道路」の事業展開についてお伺いいたします。
この西関東連絡道路は、埼玉県の関越自動車道と山梨県を結び、北関東と山梨、長野、東海地方の人や物の交流を促進し、経済や観光の活性化を目指すべく整備が進んでいる道路であります。延長約60キロメートル、計画事業費約1500億円、平成40年頃の完成を予定していると伺っております。言うまでもなく、この道路が通過する秩父地域へのアクセスが格段に向上し、観光客や企業の誘致にも大きな影響を与えることが期待されております。
現在、この計画道路の起点となる花園インターチェンジ付近にアウトレットショッピングモールの誘致が進められていると聞いております。この誘致がもし実現されてしまったら、全国で週末に起きているアウトレット渋滞が花園インター付近で発生してしまい、秩父地域へ訪れる観光客の交通と秩父地域から関越道に向かう生活道路の両方にとって大きな障害となり、交通機能が麻痺してしまうことが予想されます。
そこで、現在それを危惧した秩父の経済団体を中心に、花園インター・寄居間のバイパス化を望む機運が急速に高まっているなど、秩父地域への企業誘致にも必須条件となるこの西関東連絡道路整備への注目は日に日に高まっております。全体では、関越道の花園インターチェンジから寄居、皆野、秩父を通り、一旦小鹿野町に入ってから再び秩父市内に入り、旧荒川村地区と旧大滝村地区を抜けて、花園インターからおよそ1時間で山梨県に接続するという計画路線であります。
寄居・皆野間の有料道路バイパスは平成13年に供用開始され、その先の皆野から秩父市を結ぶために現在整備されているのが皆野秩父バイパスであります。まず質問させていただきますのは、この皆野秩父バイパス整備の進捗状況と供用開始の予定について、県土整備部長にお伺いするものであります。
この道路の整備は、秩父地域の悲願であります。秩父地域の議員全員が加盟し、岩崎議員が会長を務め、私が幹事長を務めている秩父地域基幹道路建設促進期成同盟会による最重点整備要望路線として提言している道路は、この西関東連絡道路における計画路線であります。一つは、先ほど申し上げた現在整備中の皆野秩父バイパスからその先の路線である小鹿野町に抜ける秩父小鹿野バイパスの事業化であります。
もう一つは、その先の計画路線の一部になり得る通称大滝トンネルの事業化であります。この大滝トンネルについては、国道140号の直線化、短縮という役割だけでなく、しばしば土砂災害等で国道が通行止めとなり、旧秩父市内から大滝地区への交通が遮断されることもある道路事情において、その国道の複線化が実現できるのであります。それに加え、先日の大雪災害のとき、大滝地区の道路上で立ち往生してしまった方々は、近くのトンネルに避難して全員が救助されたという経緯があることから、この大滝地区におけるトンネル整備は、道路整備だけでなく災害対策としての意義が非常に大きいと言えるものなのであります。
そこで質問いたします。この西関東連絡道路の今後の事業展開について県土整備部長にお伺いいたします。

A 柳沢一正 県土整備部長

このバイパスは「西関東連絡道路」の一部を構成し、皆野寄居バイパスから国道299号を結ぶ延長4.9キロメートルの地域高規格道路でございます。
現在の進捗状況でございますが、用地買収につきましては、平成25年度に完了いたしました。
また、工事につきましては、これまでに荒川を渡る新皆野橋など、6箇所の橋りょうや2つのトンネルが完成しており、進捗率は83パーセントとなっております。
平成26年度は、県道吉田久長秩父線に接続する蒔田インターチェンジの工事や残る3号トンネルと5箇所の橋りょうの工事を進めてまいります。
供用開始の予定についてでございますが、引き続き、これらの工事を進め、平成28年度の完成を目指してまいります。
次に、西関東連絡道路の今後の事業展開についてでございます。
西関東連絡道路は、関越自動車道花園インターチェンジと山梨県の新山梨環状道路を結ぶ地域高規格道路として位置づけられております。
埼玉県側では、花園インターチェンジから国道140号バイパスを通り、皆野寄居バイパス及び皆野秩父バイパスを抜けて、小鹿野町や秩父市の旧荒川村、旧大滝村を経由するルートを計画しております。
今後の事業展開についてでございますが、まずは皆野秩父バイパスの完成に向け鋭意事業を進め、地域高規格道路の性格や役割を踏まえ、効果的な道路整備のあり方について、国や地元市・町と調整を図りながら検討してまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?