Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会・臨時会 > 定例会概要 > 平成26年6月定例会 > 常任委員会 > 平成26年6月定例会 「企画財政委員長報告」

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2019年5月22日

平成26年6月定例会 「企画財政委員長報告」

委員長 土屋恵一

企画財政委員会における審査経過の概要について、御報告申し上げます。
本委員会に付託されました案件は、議案2件であります。
以下、これらの議案に関して行われた主な論議について申し上げます。
まず、第88号議案について、「補正予算の財源として特別交付税が30億7,459万1千円追加されるが、平成26年2月定例会で可決した第1号補正予算と合わせた大雪被害対応に係る特別交付税額はいくらになるのか。また、いつ交付されるのか」との質疑に対し、「第1号補正予算で計上した特別交付税額は19億640万円であり、今回の補正予算と合わせた大雪被害対応に係る特別交付税額は49億8,099万1千円となる。また、特別交付税の交付は、原則として12月と3月であり、大雪被害対応分については、12月に交付される見通しである」との答弁がありました。
次に、「財源として、財政調整基金から12億8,453万9千円を繰り入れているが、残高はいくらになるのか。また、財政調整のための4つの基金全体の残高ではどうか」との質疑に対し、「今回の補正予算を反映した財政調整基金の平成26年度末の残高は、約10億円となる見込みである。また、財政調整のための4基金全体では約353億円となる見込みである」との答弁がありました。
このほか、第102号議案については、執行部からの詳細な説明をもって了承した次第であります。
以上のような審査経過を踏まえ、本委員会に付託されました議案2件について採決いたしましたところ、いずれも総員をもって、原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。
また、付託案件のほか、当面する行政課題として「地下鉄7号線を取り巻く課題について」の報告があり、種々活発な論議がなされましたことを申し添えまして、本委員会の報告を終わります。

注意:議員の氏名の一部にJIS規格第1・第2水準にない文字があるため、第1・第2水準の漢字で表記しているものがあります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?