埼玉県議会

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

ページ番号:27404

掲載日:2019年5月30日

平成26年2月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (島田正一議員)

子供の能力を生かし切れない状況について

Q 島田正一議員(自民)

教育現場から聞かれる声のもう一つは、子供たちは素直で明るいいい子が多い半面、失敗をおそれ、ほどほどでよいと考える子供が多いことや、全力を出すことをためらい、小さくまとまりたがる傾向が強いというものであります。全体的にパワー不足、エネルギー不足であることや、年齢に応じた発達も見られないという指摘もあります。これらの状況について、教育長の見解を伺います。

A 関根郁夫 教育長

私は、子供たちは誰でも成長への大きなパワーやエネルギーを秘めていると思います。
そのパワーやエネルギーを勉強や運動に向かって全力でぶつけることで、子供たちは持てる力を伸ばし発達していくものです。
学校は、子供たちが自分らしさを発揮しながら成長する中で、自分の存在を実感し、年齢に応じて、将来に向けた夢や希望を大きく膨らませる場所であるべきだと考えております。
子供たちが全力を出すことをためらい、何事に対しても消極的なまま成長するとしたら、子供たちにとっても、社会にとっても好ましいことではありません。
教員には、子供たちの成長へのパワーやエネルギーを十分に引き出すようにしっかり指導していくことが求められております。
そのためには、子供たち一人一人に情熱を持って指導にあたるとともに、教員自身が何事にも全力で取り組み、学び続ける姿を子供たちに示すことが大切です。
今後とも、すぐれた指導力と使命感を兼ね備えた教員の育成にしっかりと取り組み、子供たちの持つ計り知れない潜在能力を最大限に引き出す教育の推進に努めてまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?