埼玉県議会

ここから本文です。

ページ番号:27581

掲載日:2019年5月30日

平成26年2月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (山下勝矢議員)

江戸川新橋について

Q 山下勝矢議員(自民

三郷市と千葉県流山市を結ぶ橋をもう一本造ることは、三郷市民にとりまして永遠の、長年の課題であり、夢でもありました。自分が政治家になろうと思った大きな動機の一つは、数十年続く現行の流山橋の渋滞を解消するため、江戸川新橋を建設することでした。今年度初めて予算がつき、新橋の建設に向けた測量も始まり、多くの三郷の先人、諸先輩方の努力に感謝するとともに、県の御努力にも感謝を申し上げます。
地元では期待感から日に日に江戸川新橋の早期整備を求める声が大きくなっておりますが、この橋は千葉県境をまたぐことから、早期整備には千葉県との連携が不可欠であります。
そこで、現在の取組状況と今後の見通しについて、県土整備部長にお伺いをします。

A 柳沢一正 県土整備部長

江戸川新橋は、つくばエクスプレス沿線都市を結ぶ(通称)都市軸道路の一部として、埼玉、千葉県境の江戸川に計画している橋りょうでございます。
現在の取組状況でございますが、平成25年度に事業に着手し、県道三郷松伏線から江戸川堤防までの延長680メートルの取付道路区間について、現況測量を実施したところでございます。
また、共同事業者である千葉県とは、これまで事業の推進に向けた具体的な課題について、協議を重ねてまいりました。
その結果、埼玉県が主体となって整備を進めることとし、早期整備の観点から両県で施工を分担していくことや、事業費は二分の一ずつ負担していくことなどについて、調整が整いました。
今後の見通しでございますが、平成26年度は、橋りょうの詳細設計や取付道路区間の用地測量を行い、用地買収に着手してまいります。
今後とも千葉県と十分連携を図りながら、江戸川新橋の事業の推進に努めてまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?