埼玉県議会

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

ページ番号:27421

掲載日:2019年5月30日

平成26年2月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (中川 浩議員)

災害担当外職員の参集・応援力向上を

Q 中川 浩議員(民主・無所属

災害に直接向き合わざるを得ないのは市町村で、力は限られており、災害では何を外部に頼むかの依頼をする手もないことがよくあります。市町村をバックアップする重要な応援体制を構築するため、県庁職員の力を結集していかなければならないと考えます。災害現場で感じるのは、担当職員とそれ以外の職員の災害現場に向けられる関心の差と仕事量の大きな差です。防災担当職員は異動で代わるので、県庁の防災担当ではない皆さんにも、お休みの日に大雪に見舞われた秩父を見ていただければと思います。
そこで、(4)県と市町村の職員参集、応援力の向上について知事のお考えをお聞かせ願いたいと思います。

A 上田清司 知事

埼玉県では、災害の規模に応じて職員の配備体制を定めております。担当部局の職員だけではなく、全職員を対象とした参集体制を取っております。
各市町村でも、多少の差はありますが同じような職員の参集体制が定められております。
今回の大雪災害は従来の考え方を変えざるを得ないようなものであり、多くの課題が明らかになりました。
県でも、市町村とともにこの災害に対する対応方法の検証を行う中で、担当外職員の参集・応援力の向上について十分検討をしてまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?