埼玉県議会 トップ画像

ここから本文です。

ページ番号:16594

掲載日:2019年5月31日

平成25年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (神谷裕之議員)

県民参加の森づくりについて

Q 神谷裕之議員(自民)

去る11月16日、17日の第37回全国育樹祭は、「育てよう みどりは 未来のたからもの」をスローガンに開催されました。私も式典行事に出席しましたが、晴天にも恵まれたすばらしい行事で、大変感銘を受けたところであります。全国育樹祭に尽力されました多くの皆様に心から敬意を表したいと思います。今回の全国育樹祭では、多くの県民に全国育樹祭の目的である、健全で活力ある森林を次代に引き継ぐことの大切さを伝えることができたものと思います。
式典行事を通して、県内外の緑の少年団の子供たちが各場面で大活躍をしていました。この子供たちに緑豊かな埼玉を受け渡していくことが我々の大きな責務だと考えております。全国育樹祭を契機に今緑を育て、未来へ伝えていこうという意識が県民の間に大きく広まっています。
そこで、近い将来、天皇・皇后両陛下をお迎えし、埼玉の英知を結集した全国植樹祭を開催するなど、このムーブメントを生かした県民参加の森づくりを進めていくべきと考えますが、農林部長にお伺いいたします。

A 高山次郎 農林部長

全国育樹祭の目的である、健全で活力ある森林を次世代に着実に引き継いでいくためには、林業関係者のみならず県民あげて森づくりに取り組んでいくことが大切であります。
議員お話しのとおり、今回の全国育樹祭の開催で県民の皆様にみどりを育て未来へ伝えていこうという意識が着実に高まりつつあると考えております。
この機をとらえて、彩の国みどりの基金などを活用して県民参加の森づくりに力を入れてまいります。
県民参加と言うからには、県民一人一人がみどりを将来に残していくために行動・実践することが重要です。
具体的には、県民お一人お一人が結婚や出産、入学、卒業など様々な機会をとらえて木を植えていただくことが大切と考えております。
県では、県民の皆様の植樹を御報告いただいておりまして、その実績は既に約80万本に達しております。
また、企業・団体による森づくりの活動では団体数が73となり、これらの団体が整備・保全している森林面積は約450ヘクタールとなっております。
森林ボランティア団体も平成18年度の28団体から平成24年度には80団体へと増加し、県内各地で活動しております。
県といたしましては、引き続き森づくりに関心のある企業・団体に活動候補地を紹介するなど必要な情報を提供し、「企業・団体の森づくり」をさらに進めていくとともに、森林ボランティア活動支援にも努めてまいります。
実際に山林で育樹活動して感じましたことは、楽しいということであります。きれいになった山を見てみどりを守っているという達成感もありました。
多くの人に枝打ちや下草刈りなど実践・体験型の活動をしていただくことで自ら感じていただくことが、今後の取り組みに必要と考えております。こうした機会の提供にも努めてまいります。
全国植樹祭の開催を、とのお話もいただきました。
全国育樹祭の余韻が残っている今の段階では、すぐに全国植樹祭の開催希望を表明することは、なかなか難しいのではないかと考えております。
経験値は上がりましたが、全国植樹祭の開催に向けてはさらなる蓄積も必要かと思います。
県民参加の森づくりへの機運を高めつつ、今後の研究課題とさせていただきたいと存じます。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?