埼玉県議会 トップ画像

ここから本文です。

ページ番号:16726

掲載日:2019年5月31日

平成25年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (新井一徳議員)

知事による職員のOn-the-job Trainingとは?

Q 新井一徳議員(自民)

県政を推進していく上で、知事はどのようなお考えをお持ちなのか。それを知る上で、知事のブログ「知事の太鼓」は、大変参考になります。例えば11月18日のブログ「異端を攻むるは斯れ害のみ」、この中で知事は、「どうすれば頭を柔らかくできるかといえば、常識的な入門書は極力読まずに、異端の学説、異端の考え方などを学ぶといいような気がします」と書き込まれています。私も、全く同感であります。このブログは、県職員のみならず、われわれ議員にとっても知事の考え方が分かり、大変有益なものであると考えます。
しかし、ブログはあくまで字であり、生の声ではありません。よって、知事の真意が県職員に十分伝わっていない可能性も捨て切れないのであります。ここに大きな課題があるのではないでしょうか。
ところで、知事は、若手の部類に属する主幹や主査といった職員と直接触れ合う機会はどの程度あるのでしょうか。私が聞き取り調査を行ったところ、主幹や主査クラスの職員で、知事室に入り、知事の考えを直接聞いたことがあるという職員は極めて少ないようであります。これは大変憂慮すべき事態であります。
そこで、提案です。例えば課長が知事のところに職務の相談や報告に行く場合は、若手職員を必ず同行させるようにする。一人ではなく、複数でもよいと思います。こうしたことから始めてみたらいかがでしょうか。職員は、組織のトップが何を考えているのかを直接会って自分の耳で聞いてみたいと思うものであります。事実、私も記者時代は、社会で起きている事象について、自分の会社の社長がどのように考えているのか直接聞いてみたいと思ったものであります。知事の考えに直接触れることは、職員の育成、また職員が自らの職務に責任を持つという点において極めて有益だと思うのです。これこそ、まさに知事によるOJTではないでしょうか。組織は人であります。県政進展のためには、トップの考えを、次代を担う若手職員にもしっかりと伝えていくことが肝要かと思います。この提案について、知事のお考えをお伺いいたします。

A 上田清司 知事

県庁の仕事は組織で行っておりますし、職員はそれぞれの職場でその職位に応じて割り振られた業務を行い、県民サービスの向上を図るようなことをやっています。
私は、私の考えを理解し、部下職員に正しく伝えられる職員を部長や課長に配置しているつもりであります。
課所長には、決裁を受けに来たり事業の説明に来たりする際に私の考え方を伝えることもよくありますし、部局長には月2回の庁議の場などで伝えております。
また、新任の課長とは毎年、意見交換を行っております。
また、新年の仕事始めの式や部課所長会議においても私が述べたことは、地域機関も含め全職員に伝わるようになっております、と言いたいところですが、なかなかそれぞれの管理職から部下に伝わらないところがつらいところでございます。
俗に言う熱伝導は2分の1、そしてまたそれを伝える時には4分の1、そしてそれを伝える時には8分の1、したがって末端の職員に伝わる時には16分の1ではないかと。こんなふうになっているのではなかろうかと思っています。
ユニチャームの創業者であります高原会長はトップリーダーに必要な一番の素質は何かということについて、しつこさだということを強調されました。
私もしつこく、この熱伝導が薄まるということを承知の上で、何度も何度も物事の考え方についてはしっかりと部課長に伝えながら、できるだけ職員全体が同じ目的に向かってしっかりと走っていきたいと思っております。
ただ、一番残念なことは、担当者が起案したものを課長や部長が丸飲みして、ポイントがずれたまま知事に上がってくる場合があります。
嫌われても斜めから見てあげる姿勢が私は必要でないかと思っております。私なんかしょっちゅう、そういう意味では嫌われております。
主査・主幹レベルでは「打倒課長」をスローガンにしてもらいたいと思いますし、課長からすれば主査・主幹の起案を蹴飛ばす、そういう気迫も持っていただきたいと思っています。
そうすれば、これまでもいい仕事をしてきましたが、もっとすごい仕事ができるのではないかと私は思っております。
議員ご提案の主査級職員などを同席させることは良いアイデアだと思っておりますので、必要に応じて取り入れたいと思います。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?