埼玉県議会 トップ画像

ここから本文です。

ページ番号:16708

掲載日:2019年5月31日

平成25年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (和田 浩議員)

県道飯能下名栗線の歩道整備について

Q 和田 浩議員(自民)

この県道の原市場地区には、飯能市街地から名栗方面に向かうと、ほぼ直角に右折する宮ノ瀬橋があります。この橋からわずかな距離で交差点へと道路が続いております。また、この交差点自体がカーブをしており、見通しが悪い上、変則的な市道が接続しております。このため、信号機のある交差点でありながら、一旦交差点に進入すると、この市道へは信号機の制御がない状態で進行をすることになります。さらに、この交差点からわずか100メートル余りのところに中学校があり、この県道と交差点は通学路にもなっております。地元の原市場自治会からも、この交差点について形状変更の要望なども提出されております。
一方、宮ノ瀬橋の手前については、おかげさまをもちまして大変立派な歩道を整備していただきました。ぜひ、この橋に接続している交差点に向けて、引き続き歩道整備を進めていただきたいと思いますが、今後の整備計画について県土整備部長に伺います。

A 柳沢一正 県土整備部長

ご質問の入間川に架かる宮ノ瀬橋の前後の区間は、小中学校の通学路となっておりますが、歩道がない状況でございました。
そこで県では、児童や生徒の安全確保のため、まずは宮ノ瀬橋から飯能市街地側の220メートル区間の歩道整備を進めてまいりました。
この区間の整備が平成24年度末に概ね完了したことから、宮ノ瀬橋からお話にありました市道との交差点までの100メートル区間について、平成25年度に新たに整備に着手いたしました。
現在、現地の測量を実施するとともに、交差点の形状について警察など関係機関との協議を進めております。
今後は、道路詳細設計や地元説明を行い、関係者の皆様のご協力をいただきながら、事業の推進に努めてまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?