埼玉県議会 トップ画像

ここから本文です。

ページ番号:16644

掲載日:2019年5月31日

平成25年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (佐藤征治郎議員)

現小児医療センターに「残す機能」について

Q 佐藤征治郎議員(社民党)

知事が、現小児医療センターに何らかの形でその機能の一部を残すと本会議で表明してから1年10カ月がたちました。知事のこの発言に、当時、患者家族だけでなく、小さいお子さんを持つ親御さんも喜びました。しかし、やがて2年になるこの時期になっても、検討中、検討中で、その内容が明らかにされません。一方で、新病院は建設業者の決定の段階に来ています。今月13日が開札だそうですが、関係者は、体裁だけ残すことになるのではと心配をし、不安を募らせています。
そこで伺いますが、この段階にあってもなお検討中とすれば、遅れている理由は何か、結論はいつまでに出すのか、このことについてお答えをいただきたい。また、体裁だけでなく、患者家族が期待している機能が残ると私は確信しておりますが、そういう認識でいいでしょうか。
また、知事は、さいたま新都心への新病院建設の理由の一つとして、医師、看護師など病院職員の確保に資すると発言していましたが、最近の医師、看護師等の動きはどうなっているのでしょうか。新病院と現在地に残す機能とを併せ、当初の予測どおりになっているのか伺います。また、存続機能を最終決定する前に、患者家族に説明する必要があると考えます。ぜひ実施していただきたいのですが、病院事業管理者に答弁をお願いいたします。

A 名和 肇 病院事業管理者

まず、検討が遅れているのはなぜか、結論はいつまでに出すのかでございます。
現在地に残す機能については、新病院への通院が困難で現在地での治療を行う必要のある重症な患者さんに対応するものです。
これまでの調査結果から、対象となる患者さんはほぼ把握できております。
従って、現在、患者さん一人ひとりの状況を踏まえつつ、小児医療センターの医療スタッフが慎重に検討を重ねております。
結論につきましては、どうしても時間のかかる作業であり、具体的な内容がまとまった段階でご報告したいと思います。
次に、体裁だけでなく患者家族が期待している機能が残るという認識でよいかについてでございます。
県内全域の三次医療を担う小児医療センターの高度専門医療は、分散することなくさいたま新都心に全て移転します。
このため現在と同じ機能を残すことにはなりません。
対象となる患者さんの日常的な医療管理が適切に行える体制を検討しておりますが、それが体裁だけにならないようにするのは当然のことでございます。
次に、移転理由の一つに医師・看護師等の人材確保を挙げているが、最近の医療状況は予想通りになっているのかについてでございます。
人材確保のためには、多くの症例を経験できキャリアアップにつながることや優秀な指導医の存在など魅力的な職場であることが必要です。
現在、新病院の医師・看護師等の確保を進めていますが、医療水準の高さはもとより交通アクセスの良さもあり、関係方面から高い関心が寄せられております。
さいたま赤十字病院と連携した総合周産期医療の整備や小児救命救急医療の充実、小児がん拠点病院としての活動などを通じ、患者さんにはもちろん、医療スタッフにも魅力的な病院となるように努めてまいります。
次に、存続機能の最終決定前に患者家族へ説明すべきと思うがどうかについてでございます。
これまでもアンケート調査や説明会等における患者ご家族のご意見を踏まえ、検討してまいりました。
今後も関係機関との調整の進ちょく状況にあわせて患者ご家族への説明会を開催し、意見交換をさせていただく予定でおります。

再Q 佐藤征治郎(社民党)

病院事業管理者に再度伺いますけれども、今通院している重症患者を診るための機能を一部残すというふうな答弁でした。そうしますと、ある程度専門的な知識、いろんな診療科の患者がいると思うんですが、それに対応できる、いわゆる全体を診られる医療専門家を置くというふうに理解していいのかどうか、お伺いします。
それといま一つは、検討、検討、慎重に検討するのはいいんですけれども、それでは逆に、いつまで出す、今年度いっぱいとか、その辺の時期はどうしても示せないんでしょうか、もう一回お答えをいただきたいと思います。

A 名和 肇 病院事業管理者

重症という意味は重体と違いますので、入院するような危ない状態ではございません。
対象としている患者さんは、外来で処置が必要な人ですので、特に専門的な医師を配属する必要はないと考えております。
それから、時期についてですが、現在地の対応を開始する時期は新病院と同一と考えております。
新病院の移転は、平成28年度を予定していますので、それに間に合うよう、平成26年の秋までには基本的な方針を出してまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?