埼玉県議会 トップ画像

ここから本文です。

ページ番号:16567

掲載日:2019年5月31日

平成25年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (舟橋一浩議員)

アニメ事業の今後の展開について - アニメの聖地埼玉の確立に向けて -

Q 舟橋一浩議員(刷新の会)

県内には、アニメ作品の舞台となった地域が数多くあります。「らき☆すた」の久喜市鷲宮や、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の秩父市、「神様はじめました」の川越市、世界一有名な幼稚園児「クレヨンしんちゃん」の春日部市などです。私は、アニメ作品の舞台が多いという、こうした埼玉県の特徴を観光振興や地域の活性化などに生かしていくべきと考えています。
実は、このようなアニメ作品の舞台にファンが訪れ、めぐることを、ファンの間で「聖地巡礼」と呼ばれています。舞台となった地域がいわゆる聖地で、神社や橋、公園など作品の中で印象に残るシーンとなった個別の場所をめぐることを巡礼といっています。この聖地巡礼が、自治体の間で注目を集めています。その理由は、多くのファンが訪れ、地域住民との交流やその地域での飲食や土産物の購入などを通して、アニメがさまざまな形で地域に寄与する可能性があるからです。
県内でも、「らき☆すた」の鷲宮は、商工会や地元の方の尽力により、鷲宮神社の土師祭などで作品のファンと地域の方との交流が積極的に行われています。鷲宮の事例は、アニメを活用して地域が活性化した代表的な事例と、全国から注目を浴びています。
私の地元川越市でも、「神様はじめました」の影響か、以前より若者を多く見かけるようになりました。このアニメの主要な登場人物に、主人公の女の子に仕える巴衛、ビジュアル系アイドルで正体は烏天狗という設定の鞍馬がいます。彼らには多くの女性ファンがおり、その方々が川越のまちを訪れているようです。もともと川越には中高年の方が多く訪れていますが、アニメの力で新しい層を呼び寄せることができ、その結果、さらにまちに活気が出てきたと思います。
去る10月19日、20日、埼玉県は、大宮ソニックシティを会場に、アニ玉祭(アニメ・マンガまつりin埼玉)を開催しました。このイベントには、アニメや漫画作品のファンを中心に、2日間で6万人もの方が訪れたとのことです。初めての開催で、20日の日は風雨の激しい荒天であったにもかかわらず、これほどの集客ができたことは評価に値するものと考えます。私は、アニ玉祭はアニメの聖地埼玉を象徴するイベントとして、今後も継続して開催していくべきと考えていますが、初開催を終えて、県としてどのような評価をしているのか、産業労働部長にご所見をお伺いします。
また、今後、アニメの聖地として埼玉の地位を確立し、地域の活性化につなげるためには、アニメを活用した事業を県が積極的に実施していく必要があると考えます。ついては、今後どのようにアニメの事業を展開していくのか、併せてお伺いします。

A 山中 融 産業労働部長

まず、「アニ玉祭」についての評価でございます。
「アニメの聖地埼玉」を確立するため、公益財団法人埼玉県産業文化センターとの共催により初めて「アニ玉祭」を開催いたしました。
大宮ソニックシティに埼玉県ゆかりのアニメや漫画を一堂に集め、熱心なアニメファンやアニメ業界の関係者に多数来場いただきました。
開催に合わせて東武鉄道では、とうきょうスカイツリー駅から大宮駅まで「アニ玉コスプレトレイン」号も運行していただき、大会の盛り上げにご御協力をいただきました。
また、テレビや新聞など数多くのマスコミにも取り上げられ、「アニメの聖地埼玉」を県内外に大きくアピールできたと考えています。
このように「アニ玉祭」は多くの関係者のご協力により、当初の予想を上回る成功を収めることができたと考えています。
次に、今後どのようにアニメ事業を展開していくのかについてでございます。
第一に、今回の成功を踏まえ、「アニ玉祭」を継続して開催してまいります。そのため、既に県産業文化センターと調整を始めています。
第二に、アニメの聖地を活用した新たな観光地づくりです。
鉄道事業者など交通事業者や関係市町村などと連携し、聖地を中心に周辺の見どころを周遊する新たな観光ルートをつくってまいります。
また、アニメのキャラクターを活用したお土産品の開発などを、市町村や商工団体にも働き掛けてまいります。
第三に、アニメの聖地の創出にも取り組んでまいります。
県内の市町村や商工団体にアンケートを行ったところ、アニメや漫画を活用した観光振興などに興味があると回答した団体は76に及んでいます。
こうした市町村や商工団体と一緒になって、原作者や出版社などにアニメの舞台に使っていただけるよう働き掛け、聖地の創出を促進してまいります。
今後ともさまざまな取り組みを通じて、日本はもとより世界からも注目される「アニメの聖地埼玉」の確立に努めてまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?