埼玉県議会 トップ画像

ここから本文です。

ページ番号:16292

掲載日:2019年5月31日

平成25年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (加藤末勝議員)

観光振興のチャンスに!

Q 加藤末勝議員(自民)

次に、観光振興のチャンスに!についてでございますが、先ほど述べましたように、東京オリンピックの開催で世界中から多くの人が日本へ、そして東京へやってきます。全国から、そして世界から注目される、こんなチャンスはめったにありません。ぜひこの機会に、国内はもとより、外国の方にも埼玉県のすばらしい場所を見ていただきたいと思っております。そして、埼玉の良さを知っていただきたいとさらに思っております。
埼玉県には、蔵造りの町並みの川越、川下りの石畳の長瀞、自然豊かな秩父、鉄道ファンの聖地でもあります鉄道博物館、世界に誇るジャパンブランド「BONSAI」のメッカ大宮盆栽村など、外国人にとっても魅力があると思われる多彩な観光資源があります。また、アニメやB級グルメなど新たな観光資源も数多くありますし、狭山茶、地酒、煎餅やひな人形など、数多くの優れた県産品もございます。県として、市町村と連携して、この千載一遇のチャンスを、埼玉を世界に向けてPRする機会を観光振興と埼玉の魅力発信に結び付けるべきだと考えますが、どのように対応していかれるのか、産業労働部長にお伺いをいたします。

A 山中 融 産業労働部長

オリンピックでは2020年の本大会のほか、プレ大会、下見、事前の合宿などの需要が見込まれ、開催地以外への波及効果も大きいと予想されます。
特に本県では、サッカーやゴルフなど世界中で競技人口の多い種目が開催されることから世界に注目され、埼玉の魅力を発信する機会でもあります。
この機会に、県内各地に多くの外国人観光客を誘致し、県内経済を活性化していくことも重要と考えます。
そこで、第一に外国人観光客の受け入れ環境の整備です。
今年5月に立ち上げたおもてなし力向上のための実行委員会や市町村と連携しながら、外国人とのコミュニケーションの取り方やおもてなしの方法などを観光関連業界を含め県民の皆さまに広めてまいります。
また、外国人観光客が訪問先で観光名所や食事、お土産などの情報を容易に入手できるよう、市町村や通信事業者と連携し無料の無線LANの整備を促進してまいります。
第二に、外国人観光客に魅力的な県内周遊観光コースの創出です。
自然豊かな秩父や蔵づくりの町並の川越などの伝統的な観光地とアニメやグルメ、県産品などを組み合わせ、周遊ルートをつくってまいります。
また、周遊ルートを、ホームページやフェイスブックなどで徹底的にPRするとともに旅行代理店に事業化を働きかけてまいります。
第三に、「食」の魅力を外国人観光客に紹介することです。
現在、本県では県産食材を使用し、埼玉の極上グルメを提供する埼玉S級グルメ店の認定作業を進めています。
また、県内には酒蔵が35あり、消費量、出荷量とも全国第4位を誇っています。
こうした多彩な本県の「食」を外国人観光客に積極的にPRしてまいります。
オリンピック開催時のみならず、開催後も外国の方々に何回も訪れていただけるよう「埼玉」の魅力を発信し続け、観光振興に努めてまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?