埼玉県議会 トップ画像

ここから本文です。

ページ番号:16496

掲載日:2019年5月31日

平成25年12月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (加藤末勝議員)

九都県市との連携について

Q 加藤末勝議員(自民)

まず、九都県市との連携についてでありますが、先日、九都県市首脳会議において、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向けた支援を国へ求めていくことが合意されました。また、同日、経済団体代表を交えて行われました第8回首都圏連合フォーラムにおきましては、東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、民間と行政が連携して行動していくことを盛り込んだフォーラム宣言が採択されたと聞いております。東京都の試算によりますと、約3兆円の経済波及効果が期待できる国を挙げての一大イベントであります。私は、今回の首都圏フォーラムが首都圏一丸となって取り組む第一歩になったことを大変心強く思っております。
一方、ご案内のとおり、埼玉県でもサッカー、ゴルフ、射撃の3種目が開催されます。選手関係者はもちろん、報道関係者、そして多くの外国人旅行者が訪れることが見込まれています。五輪招致の立候補ファイルによりますと、1日当たり、サッカーは6万4千人、ゴルフ競技は2万5千人、射撃は3,000人から4,600人の観客が埼玉に訪れるとのことであります。既存メディアによる報道などに加えまして、埼玉を訪れた外国人をはじめとする方々がブログやツイッターあるいはフェイスブックといったSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を通じて、「埼玉っていいところだ」とか、「埼玉ではこんなすてきなおもてなしを受けた」など、世界中に発信してくれることを考えれば、2020年東京大会は、埼玉を全世界にアピールできる絶好のチャンスでもあります。
そこで、2020年に向けて大会を成功に導くため、首都圏における連携はどのように進めるのか、また、本県独自の取り組みについてどう進めていくのか、知事のご所見をお伺いをいたします。

A 上田清司 知事

先ほども少し触れましたように、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会開催には三つ意義があると思っています。
一つは、この2020年までに東北の3県の復旧復興を必ず成し遂げるということであります。
日本人が優しさに満ちて、連帯感にあふれて、そして必ず約束したことは守る、そういう強い国民だということを全世界にアピールすることであります。
二つ目には青少年に夢や希望を与えて、スポーツの振興の大いなる発展の基礎にすることであります。
三つ目は、本県への観光誘致をはじめ県内経済の活性化のために活用する、この三つを主に考えております。
こうしたオリンピック・パラリンピック開催への思いは、九都県市の首脳の皆さんもやはり同じであります。
2020年に向けた連携の取組として、まず、国への支援要請をこの九都県市首脳会議で決めました。
本県以外で整備が遅れています圏央道、外かん道、首都高中央環状道路など高速道路ネットワーク構築の支援、並びに公共交通、道路、観光施設などの外国語表示や標識の早期整備に対する支援などを求めたわけであります。
また、今後設立されます大会組織委員会と連携を図り、九都県市で総合的に支援・協力していくための組織の設置を検討することも決まりました。
さらに、同日開催されました首長と経済界の代表が集う首都圏連合フォーラムでは、行政と民間が連携して行動していくことも宣言いたしました。
宣言には、首都圏もオールジャパンの体制の一員として開催準備を進めていくことや、国内の開催気運の醸成を首都圏がリードすること、観光サービスの質の向上や万全の警備体制で臨むことなどが盛り込まれたところでございます。
2020年の大会の成功に向け、首都圏が一体となって取り組むべき課題に対しては引き続き九都県市で中心に取り組んでまいります。
次に、埼玉県独自の取り組みでございます。
まずは、3競技の会場を抱えておりますので、関係省庁や大会組織委員会と綿密な連携を図りながら、交通アクセスの整備をはじめ万全の態勢で円滑な大会運営を行うことを最大の使命にしなければいけない、このように思っております。
このため、現在庁内に連絡会議を設置し、必要な業務の洗い出し、工程表の作成を進めております。
また、青少年に夢と希望を与えるという点では、ジュニア選手の育成や世界各国の選手団にキャンプ地として埼玉の地を選んでいただけるように市町村の誘致活動を支援する必要があります。
さらに、経済の活性化という点では、官民を挙げて開催気運を盛り上げ、積極的に埼玉の魅力を発信していくことが必要であります。
例えば、川越の蔵づくりの町並みや長瀞のライン下り、秩父の自然といった埼玉の魅力を積極的に発信すること。
大会の成功を通じて、三つの意義が実現できるように、今後、県内市町村や経済界などの関係団体と綿密に連携して取り組んでいく姿勢でいきます。よろしくお願いします。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?