トップページ > 埼玉県議会トップ > 定例会・臨時会 > 定例会概要 > 平成25年9月定例会 > 10月3日(木曜日) > 竹並万吉(自) > 平成25年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (竹並万吉議員)

埼玉県議会 トップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

ページ番号:16359

掲載日:2019年6月3日

平成25年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (竹並万吉議員)

塙保己一の生家の保存は?

Q 竹並万吉議員(自民

見えない、聞こえない、話せないという三重苦のヘレン・ケラーが、昭和13年を第1回として合わせて3回アメリカから来日したのは、「埼玉三偉人の一人である塙保己一先生の生家を訪ね、自分が今日あるのは、この先生のおかげである。心からお礼を申し上げたかったからだ」と言われております。残念ながら、その頃は日本国内の交通の便も悪く、諸般の事情で旧児玉町の保己一先生の生家への訪問は実現せず、東京渋谷の温故学会で保己一先生の座像にすがって泣きぬれたとのエピソードが残っております。
しかし、現在、国の史跡であるその大切な生家が、築270年以上を経て大変傷んでおります。そこで、何とか建物の保存、温存を図る必要があると存じますので、早急な対処をしていただきたいと願っております。その点、県としてどのように考えているのか、教育長に所見を伺います。

A 関根郁夫 教育長

塙保己一は、障害に負けず不屈の努力を続け、「群書類従(ぐんしょるいじゅう)」を刊行するという偉業を成し遂げた埼玉県が誇る三偉人の一人であります。
本庄市にある生家は塙保己一旧宅として、国指定史跡に指定されており、現在は、本庄市が管理団体として文化庁から指定されています。
従って、修理の必要性やその時期、修理方法については、まずは管理団体である本庄市において検討していただく必要があります。
一方、この史跡には所有者もいらっしゃいますので、本庄市と所有者が良く話し合って、保存・管理について調整していただく必要もあります。
塙保己一の旧宅は平成6年度に修理したかやぶき屋根も20年近くが経過し、次第に傷みつつあります。
塙保己一旧宅は本県にとって後世に残すべき大変貴重な文化財であります。県といたしましては、本庄市が実施する保存・管理の取り組みに対し、技術的な助言や国との連絡調整など可能な限り協力してまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?