トップページ > 埼玉県議会トップ > 定例会・臨時会 > 定例会概要 > 平成25年9月定例会 > 9月27日(金曜日) > 加藤裕康(自) > 平成25年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (加藤裕康議員)

埼玉県議会 トップ画像

ここから本文です。

ページ番号:11699

掲載日:2019年6月3日

平成25年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (加藤裕康議員)

日本史の名称を「国史」に変えることについて

Q 加藤裕康議員(自民

現在の学校教育において、わが国の歴史は当然のことのように日本史と呼ばれていますが、私はここに大きな疑問を感じております。小中学校において日本語を学ぶ教科は国語であり、大学において日本文学を研究する学科は国文学科と呼ぶことは当然のことであります。が、しかしながら、高校においてわが国の歴史を学ぶ科目は日本史なのであります。
埼玉県は、全国に先駆けてわが国の歴史を日本史ではなく「国史」と呼ぶべきであると考えます。GHQに虐げられた歴史観の克復、日本人としてのアイデンティティーの醸成を促すことに必ずつながると思います。
そこで、教育長の見解を伺います。

A 関根郁夫 教育長

わが国の歴史の展開や伝統文化についての理解を通して、わが国の国土や歴史に対する愛情を育むことは大事なことです。
また、科目の名前は学習する子供たちにとっては、まさにその科目との最初の出会いであります。
わが国の歴史を学ぶにあたり、日本人としてのアイデンティティの醸成に向け、どのような科目の名前を使用するかについては、大変重要な視点と考えております。
しかしながら、教育課程の中で行われるすべての科目の名前は学習指導要領で定められております。
県では、次代を担う子供たちがわが国の歴史や伝統文化について理解を深め、わが国や郷土を愛する心情や態度を育むよう、引き続きしっかり取り組んでまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?