Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 埼玉県議会トップ > 定例会 > 定例会概要 > 平成25年6月定例会 > 一般質問 質疑質問・答弁全文 > 6月18日(火曜日) > 藤林富美雄(公) > 平成25年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (藤林富美雄議員)

埼玉県議会 トップ写真

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

 

掲載日:2018年3月29日

平成25年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (藤林富美雄議員)

都市計画道路南浦和越谷線及び蒲生柿木川戸線の整備推進について

Q 藤林富美雄議員(公明

次に、都市計画道路南浦和越谷線および蒲生柿木川戸線の整備推進についてお伺いをいたします。
初めに、都市計画道路南浦和越谷線は、さいたま市から川口市、草加市を経て越谷市に至る全長約12キロの路線であります。完成すれば、国道122号、4号、県道足立越谷線などの南北方向の幹線道路を結び、県南地域の円滑な交通の確保に資する大変重要な路線であります。既にさいたま市から草加市境までの区間が供用開始されており、県道足立越谷線の東側までの区間までがほぼ完成しているところであります。その後、平成19年7月にさらなる事業着手に向けた地元説明会が開催されたものの、いまだに事業着手されないばかりか、事業がストップしてしまっているという状況であります。
こうしたことから、事業が完了しているところと、されていないところとの境目に住む住民にとっては、大変な迷惑をこうむっております。近隣の住民からは、あの人が協力しないから事業が進まないといったうわさにまでなっているのであります。速やかな整備推進が求められますが、今後の見通しについて県土整備部長にお伺いをいたします。
また、この路線の延長となる産業道路から東側の都市計画道路蒲生柿木川戸線は、大型トラックの交通量も大変多い路線でもあるにもかかわらず、道路幅員が6.1メートルというところもあります。大型トラックの車幅は約2.5メートルであります。幅員6.1メートルの道路に大型トラック同士がすれ違うだけで5メートルにもなります。歩行者、自転車は逃げ場がないという極めて危険な路線であります。歩行者、自転車が安心して通行できるよう、道路の拡幅を急ぐべきであると考えますが、今後の取り組みについて併せて県土整備部長の見解をお伺いいたします。

A 柳沢一正 県土整備部長

「都市計画道路南浦和越谷線および蒲生柿木川戸(がもうかきのきかわと)線の整備推進について」お答えを申し上げます。
まず、都市計画道路南浦和越谷線についてでございます。
現在、東武伊勢崎線付近から県道足立越谷線との交差点付近までの540メートル区間を1工区として整備を進めております。
マンション1棟を残して用地買収は完了しており、暫定2車線で供用しております。
マンションの各所有者の多くの方々からは事業に対しておおむねのご理解をいただいており、現在、残る数名の所有者にご理解をいただけるよう鋭意、交渉を進めております。
ご質問の区間は1工区の東側、県道越谷八潮線付近までの860メートル区間でございまして、2工区として、これまで道路設計を完了しております。
まずは事業中の1工区の完成に努め、その後、速やかに2工区に事業着手できるよう国の事業認可の申請に向けた準備を進めるとともに、今後の事業の進め方など、地元の皆さまへの広報にも努めてまいります。
次に、都市計画道路蒲生柿木川戸(がもうかきのきかわと)線の整備についてでございます。
この道路は南浦和越谷線2工区のさらに東側に位置しております。
このため、拡幅整備につきましては南浦和越谷線の1工区、2工区の進ちょく状況や周辺の交通状況などを総合的に勘案し、着手時期について検討してまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

電話:048-830-6250

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?