埼玉県議会 トップ画像

ここから本文です。

ページ番号:11917

掲載日:2019年10月4日

平成24年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (本木 茂議員)

県道所沢堀兼狭山線の整備について

Q 本木 茂議員(自民)

私の地元狭山市がさらに成長、発展し続けるためには、経済・社会活動を支える最も基礎的な社会基盤である道路整備の役割は極めて大きいと考えます。その中でも、所沢市と狭山市を結ぶ県道所沢堀兼狭山線は、両市街地の交通渋滞の解消はもとより、圏央道狭山日高インターチェンジへのアクセス道路としての機能も担うなど、県南西部地域の振興、活性化に大きく貢献するものと期待しています。特に、最後の未開通区間である堀兼工区については、環境保全と道路整備を同時に進めるといった課題の解決に向けて、地元は県と一体となって取り組んできたため、思い入れも強く、開通への期待はますます高まるばかりであります。
一方、この道路は四車線の幹線道路であり、交通量が多く、車のスピードも早いため、地域の実情に応じた安全対策が大切であります。例えば、堀兼地区は武蔵野の田園地帯を通過するため、一般車両に混じって農耕車両が通行したり横断する場面が発生するものと思われ、地元の方々から通行の安全に関する心配の声が寄せられています。そこで、県道所沢堀兼狭山線の開通に向け、安全確保についてどのように配慮するのか、また全線開通の見通しについてはどうか、県土整備部長にお伺いします。

A 岩崎康夫 県土整備部長

この道路においては、現在、「堀兼・上赤坂ふるさとの緑の景観地」を含む堀兼工区約1.9キロメートル区間で整備を進めております。
この工区では、オオタカなどの希少動植物が確認され、連続した平地林もあることから、自然環境に配慮した道路整備を進めてまいりました。
これまでに、既存樹木の移植や新たな高木の植栽などの環境対策がおおむね完成しております。
お尋ねの開通に向けた安全対策についてでございます。
お話のように、農耕車の通行や横断も想定されますので、県警察とも協議しながら、ドライバーへ注意を喚起する看板の設置や路面表示など、地域の状況に応じた安全対策を実施してまいります。
また、全線開通の見通しについてでございますが、残る環境対策工事や交差点の工事など、平成24年度末の全線開通に向けて全力で取り組んでまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、正式な会議録とは若干異なります。 

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?