埼玉県議会 トップ画像

ここから本文です。

ページ番号:11896

掲載日:2019年10月4日

平成24年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (高橋政雄議員)

高次脳機能障害の支援について

Q 高橋政雄議員(自民)

今年3月の定例会の一般質問で、高次脳機能障害者家族への支援をという内容で質問しました。高次脳機能障害とはどのようなものなのか、その障害者を持つ家族がどういう状況に置かれるかについて述べさせていただきました。私自身この障害者の家族として子供時代にとてもつらい経験をしました。併せて、私の家族、家庭をめゃくちゃにしたこの障害のもととなった交通事故は憎く、憎く、憎いんです。今日は泣かずにがんばりますよ。
さて、高次脳機能障害に関する支援について、その後の状況とそれを踏まえた県の取り組みについて質問します。
現在策定中の第6次埼玉県地域保健医療計画には、高次脳機能障害も含まれる精神疾患に関する計画が盛り込まれる予定と聞いております。現在障害者、家族へのきめ細かい相談、診療、治療、訓練から社会復帰までを一貫して行うことができるよう、県総合リハビリテーションセンター内に高次脳機能障害者支援センターが設置されております。また、この障害を持った本人や家族などがその悩みを打ち明け、情報の交換ができる場としての地域交流会などに県が支援していることも承知しています。
しかし、一方で、一部の市町村などでは、この障害、疾患につての認知度が依然低い。まさにこの障害の取り組みが始まったばかりというところであります。今後は地域医療に関する相談拠点としての保健所、市町村を含めた関係機関との連携によるさらなる充実が必要であります。
そこで、支援者、家族への支援強化、各機関との連携およびこの障害についての啓発活動に関する今後の取り組みについて、荒井福祉部長に温かく、心のこもったご答弁をお願いいたします。この非力な質問がこの障害に悩むご本人、ご家族に少しでもお役に立つことになれば幸いです。

A 荒井幸弘 福祉部長

まず、支援者・家族への支援強化についてでございます。
平成23年4月に設置した埼玉県高次脳機能障害者支援センターには、昨年度、障害者や家族、市町村などから1,807件の相談がございました。
これらの相談に対し、助言や情報提供などを行い、家族の方からは高次脳機能障害者への接し方がわかってよかったなどの声をいただいております。
また、県では、高次脳機能障害者やその家族が自らの体験等を話し合う地域交流会を実施しております。
この事業は、障害者や家族の孤立化を防ぐとともに、不安の軽減につながっており、参加者から高い評価をいただいております。
さらに、今まで家族会に参加したことのない障害者や家族に対し、家族会など10団体がその活動内容を紹介し参加を呼びかけるための初めてのイベントが、本年9月16日に所沢市において開催されました。
県では、このイベントの開催に当たり、市町村や保健所などを通じて広報を行い、当日は約100人の方の参加がございました。
今後とも、高次脳機能障害者支援センターの相談業務の充実を図るとともに、地域交流会の開催など支援者や家族への支援に積極的に取り組んでまいります。
次に、各関係機関との連携についてでございます。
この障害は、脳の損傷した部分によりそれぞれの症状が異なるため、医療、保健、福祉、就労など様々な機関が連携してきめ細かな支援を行うことが重要と考えております。
そこで、高次脳機能障害者支援センターでは、専門的知識を有する支援コーディネーターを配置し、地域で開催される情報交換会や研修会に派遣し、地域の関係機関との連携を図っております。
例えば、川口市や三郷市では、医療機関、相談支援機関、保健所などで構成する支援会議を開催しており、支援コーディネーターはこれらの会議に参加、助言や調整を行ってまいりました。
これらの地域では、関係機関が連携した支援の事例を積み重ねてまいりましたことにより、一人ひとりの症状にあったきめ細かな支援の輪が広がりつつあります。
今後は、このような取り組みを他の地域に広げるため、高次脳機能障害者支援センターの職員が積極的に地域に出向き、市町村や保健所などの関係機関と連携を図ってまいります。
次に、この障害についての啓発活動についてでございます。
議員お話しのとおり、市町村職員などにおいては、高次脳機能障害に対する理解が、まだ十分ではないと考えております。
そこで、本年9月には市町村職員や障害者福祉サービス事業者などの福祉関係者に対し、研修を実施し、127人の参加がありました。
今後は、市町村職員などに対する研修の回数や内容を充実し、高次脳機能障害の正しい理解と対応能力の向上を図ってまいります。
また、県民にこの障害の理解を深めていただくために、講演会を本年も10月21日に実施する予定でございます。
県といたしましては、今後とも、高次脳機能障害者やその家族が地域で安心して生活できるよう積極的に取り組んでまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、正式な会議録とは若干異なります。 

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?