埼玉県議会 県議会

ここから本文です。

ページ番号:11799

掲載日:2019年10月4日

平成24年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (権守幸男議員)

安否確認後の対応について

Q 権守幸男議員(公明)

次に、安否確認後の対応について伺います。
さまざまな見守りにより、入居者の安否があやしいなと思われた際、その次の対応をどうするか、現状では合い鍵がないため、不審な状況があっても中に入れません。どうしてもというときは、身内や警察官立ち会いの下、窓や玄関の鍵を壊して入る方法しかないのです。そこで、希望される方については、入居者の鍵を何らかの方法で預かって、万が一の不測の事態に備えられるようにすべきと考えますが、都市整備部長のご所見を伺います。

A 南沢郁一郎 都市整備部長

玄関ドアの合鍵については、入居者のプライバシー保護を優先し、また、盗難によるセキュリティー上の問題も考慮して、管理者は合鍵を持たないこととしております。
全国的にも、大半の都道府県で合鍵を作っておらず、約77万戸の賃貸住宅を保有する都市再生機構でも管理上の問題から昭和30年代に合鍵は廃止したと聞いております。
合鍵を持つことで、多少早く立ち入ることが可能になりますが、大事なことは異変をいち早く察知することであり、その上で立ち入るべきとの判断をいかに早く行うかでございます。
このため、本年9月18日から、新聞販売店など142社の民間事業者にご登録をいただき、入居者の異変を通報してもらう「見守りサポーター制度」を創設いたしました。この制度の着実な実施に努めてまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?