埼玉県議会 県議会

ここから本文です。

ページ番号:11886

掲載日:2019年10月4日

平成24年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (権守幸男議員)

里子の受診券について

Q 権守幸男議員(公明)

里子の受診券について伺います。この受診券は、里親に子供を委託した際に児童相談所から発行されるもので、里子が医療機関にかかるときに提示する券です。ただ、医療機関にかかった際に課題が残っております。この受診券のことを一部の病院や診療所などで事務職員が知らないケースがあり、受診券が何であるかを里親自ら医療機関にいちいち説明しなければならないとのことです。里子がいつ、どの医療機関にかかった場合でも、スムーズに受診ができるように各医療機関に対して里子の受診券の周知徹底を図るべきと考えますが、福祉部長のご所見を伺います。
併せて、受診券を先ほど申し上げました里親登録証のように名刺サイズにしてはいかがでしょうか。現行の受診券は、縦13センチ掛ける横9センチの大きさで使い勝手が悪いです。ちなみに、東京都では既に名刺サイズにしたそうです。里子の受診券も名刺サイズにすべきと考えますが、福祉部長のご所見を伺います。

A 荒井幸弘 福祉部長

まず、医療機関に対する受診券の周知についてでございますが、受診券は、里子が医療機関に掛かった際の医療費の自己負担分を公費で負担するために、里親や里子が医療機関に提出するものでございます。
この受診券を初めて扱う医療機関からは、普段見慣れないため扱い方がわからない、医療費の請求先はどこか、といった問い合わせがあることもあります。
そのため、現在、受診券の裏側に請求先などを記載しているほか、里親から医療費の請求方法を記載したチラシを医療機関窓口に提示をしていただいてもおります。
今後はさらに、医療費の請求先である社会保険診療報酬支払基金等が発行する医療機関向け広報紙への掲載を依頼するなど、医療機関への一層の周知に努めてまいります。
次に、受診券を名刺サイズにすることについてでございます。
現在、受診券は、母子手帳に収まりやすいサイズの紙製のものでございます。
里親の方々からは、母子手帳にちょうど入るので、現行のサイズでいいという意見や、財布に収まる診察券と同じサイズが使いやすいという意見もございます。
また、折れたり、破けたりしないものにならないかといった意見もございます。
受診券につきましては、どのようなものであれば使い勝手が良くなるのか、里親の意見を十分聞きながら、具体的に検討してまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?