埼玉県議会 県議会

ここから本文です。

ページ番号:11569

掲載日:2019年10月4日

平成24年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (権守幸男議員)

介護給付費等の支払日について

Q 権守幸男議員(公明)

介護給付費の支払いは埼玉の場合、概略以下のようになっています。介護従事者は、利用者に各種のサービスを提供し、翌月10日までに1か月分の明細書等を埼玉県国民健康保険団体連合会に提出します。国保連合会は、請求の審査を行い、問題がなければ翌々月の28日に事業者へ給付費を支払います。課題なのは、事業者が支払いを受ける日が28日と月末ぎりぎりになっていることです。事業者の多くは、従業員への給与支払日を月末と定めていると思いますが、給付費の支払いが28日だと、従業員への給与支払等に間に合わず、高額な資金を別途調達しなければならないケースが出てきます。
例えば、9月は月末が土日となり、給与支払日が28日でしたが、前日の27日までに給与分等が預金残高として用意されていなければ、28日中に従業員への給与や各種支払いをすることができません。ところが、国保連合会からの給付費振込みは28日ですので、給与等の支払いには間に合いません。ですから、事業者としては事前に一時的とはいえ、かなりの額の現金を調達しておかなければならないのです。これは今年の12月にも発生する課題です。
このようなことが起きるのは、国保連合会からの給付費支払日が毎月28日になっているからです。これを数日早めることができれば、事業者が一時的な資金調達をする必要もなく、課題は解決します。ちなみに、東京都は毎月23日、神奈川県は毎月25日が給付費支払日です。給付費支払日は各県の国保連合会ごとに定めているようです。
そこで、県として埼玉県国民健康保険団体連合会に対して、介護給付費の支払日を数日間早めることを提案すべきと考えますが、福祉部長のご所見を伺います。

A 荒井幸弘 福祉部長

介護給付費の支払日は埼玉県国民健康保険団体連合会の規則で毎月28日と定められております。
これは平成12年の介護保険創設時に、連合会では介護報酬の支払日を診療報酬の支払日に併せて、28日としたものでございます。
この支払日につきましては、制度創設からこれまで、介護事業者から県や連合会に変更して欲しいとの要望はございませんでした。
しかし、介護ニーズの増大により、事業者が増加したことや、今年度から診療報酬の支払日が繰り上げられたことにより、そうした声がでているものと考えられます。
支払日を変更することについては、現場の声を踏まえ、連合会に検討を要請してまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?