埼玉県議会 トップ画像

ここから本文です。

ページ番号:11822

掲載日:2019年10月4日

平成24年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (醍醐 清議員)

埼玉サイクリングツアーの開催に向けて

Q 醍醐 清議員(民主・無所属)

自転車には、風を感じて、町の中や自然の中を駆け抜ける解放感や爽快感があります。近頃、健康志向や環境問題の観点から、自転車で通勤・通学する人が増えており、自転車の専門店なども活況を呈しております。埼玉県は、日本一を誇る長さのサイクリングロードや自転車保有率全国第1位、また平たん地が多く、自転車が走行しやすいといった自転車王国・埼玉と言うのにふさわしい県でもあります。昨年6月には、利根川自転車道、国道4号利根川橋上流区間の整備が完了し、川沿いを走る日本一長いサイクリングロードが利用可能となりました。群馬県渋川市から東京ディズニーリゾートまで、全長約170キロにも及ぶものです。この170キロのうち約90キロは、この埼玉県内を通ります。
県内のイベントとしては、1000人のサイクリストが参加し、25キロ、65キロのコースを走行する埼玉サイクリングフェスティバルが開催され、今年で3回目を数えております。コースの途中のエイドステーションでは、B級グルメが味わえるという地域産業と観光振興を併せ持つ要素も大変たくさん盛り込まれております。参加者からは、もっと長い距離が走りたいとの声があるとも伺いました。
そこで、このサイクリングフェスティバルの規模を拡大し、例えば県内各地域のさまざまな観光資源を巡りながら自転車で走行する規模の大きな一般参加型の一大自転車イベントを企画してはと考えます。昨日は、さいたま市がツール・ド・フランスの名を冠したレースの誘致に取り組んでいると新聞報道がありました。また、他の議員からもさまざまな提案がなされているところでもあります。競技性の高い開催は、注目度などそれなりの大変意義のあるものとは思います。しかし、私は県内の観光振興という視点から考えれば、より多くの参加者を募り、より広範な地域を巻き込んだ企画が必要ではないかと考えます。コース設定には、交通事情等さまざまな課題があろうかと思いますが、町の人と触れ合いながら思い思いのペースで走り、埼玉を楽しんでもらうようなビッグイベントであれば、観光振興と併せ自転車王国・埼玉の大々的なPRにつながるものと考えます。市民ランナーにとって東京マラソンがあるように、サイクリストにとっての埼玉サイクリングツアーの開催は、話題性の高いイベントとして埼玉のイメージアップになると思いますが、知事のご所見をお伺いいたします。

A 上田清司 知事

議員のお話のように、本県はまさに「じてんしゃ王国」であります。
この「じてんしゃ王国埼玉」をアピールし、自転車利用のムーブメントを起こす仕掛けの一つが、埼玉サイクリングフェスティバルでございます。
私も毎年参加していますが、平成22年度の第1回大会では、皆さんと一緒に50キロメートルを完走いたしました。
3回目となる本年は、10月14日に熊谷スポーツ文化公園を主会場として開催いたします。
川面の向こうに赤城山を望む利根川自転車道を中心にしたコースの途中には、荻野吟子史跡公園が休息所になっており、本年7月に国宝に指定されました「歓喜院聖天堂」に立ち寄ることもできます。
65キロメートルコースの休息所では深谷の郷土料理「煮ぼうとう」や本庄名物「つみっこ」が食べられます。
このように、サイクリングフェスティバルは主に自転車専用道路を使って観光地をゆっくり巡るものでございます。
県内には歴史的な神社仏閣や、優れた自然風景が数多くあります。
さらに、都市と田園がおりなす美しい風景も、埼玉を象徴する素晴らしい観光資源だと思います。
議員御提案の一大自転車イベントでございますが、県内各地域の数々の観光資源を自転車でまわるイベントが開催できれば、観光と「じてんしゃ王国埼玉」の大きなPRになるものだと思います。
一方で、各地域を結ぶコースを考えた場合には主要幹線道路、鉄道、河川の横断がやや困難、ポイントになるかなと思っています。
また、一般の通行車両とイベント参加者両方の安全をどう確保するかという課題もございます。
こうした課題もありますが、埼玉の歴史や美しい自然、食文化を楽しむとともに、観光と「じてんしゃ王国埼玉」のPRにつながるよう埼玉サイクリングフェスティバルを更に発展させることができないか。
このことについては、昨日も加藤議員からも御提案がありまして、私もこういったことを3年目になりますので、それぞれの蓄積がございますので、安全とそして同時ににぎわいをつくるいい方法を、しっかり考えていかなければならないかなと思っています。
県警本部のいろいろな判断もあるかと思いますが、是非、醍醐議員が提案されるような、大きなイメージを作っていくような、そういったことについても、実現に向けて、よく検討させていただきたいと思います。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?