埼玉県議会 トップ画像

ここから本文です。

ページ番号:11384

掲載日:2019年10月4日

平成24年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (小川真一郎議員)

清水川排水機場の機能強化について

Q 小川真一郎議員(自民)

清水川は、利根川と小山川に囲まれた肥沃な台地を流れ、小山川へと注ぐ河川です。大河川に囲まれた清水川の流域では、これまで台風や集中豪雨によりたびたび浸水被害が発生しており、昭和22年のカスリーン台風では地域一帯が水に浸かるほど甚大な被害を受けました。このため、早くから治水対策が進められており、昭和38年に河川指定を受けた後、昭和43年には排水機場が設置されております。その後も、県で順次改修が進められ、併せて小山川合流部の樋門の規模を拡大するための改築が行われました。また、中流部では深谷市によって公園整備と一体となった調節池が整備されております。
しかし、小山川合流部に設置されております清水川排水機場では、毎秒4トンのポンプが設置されておりますが、昨年9月の台風12号の際には清水川から水があふれ、周辺の住宅などで浸水被害が発生いたしました。
利根川や小山川に囲まれるこの地域では、清水川に流れ込んだ水を速やかに排水できる機能を持つ排水機場が必要不可欠であり、地元の住民にとりましては清水川排水機場の機能強化が長年の念願となっております。
そこで、県では清水川排水機場の機能強化について、今後どのように進めていくのか県土整備部長にお伺いいたします。

A 岩崎康夫 県土整備部長

清水川は、平成16年度までに、小山川との合流点から上流約3.9キロメートル区間の改修が完了しております。
清水川排水機場は、現在、毎秒4立方メートルの排水能力を有しておりますが、平成23年9月の台風12号では、住宅などで浸水被害が発生いたしました。
このため、平成24年度に、排水能力の向上に向けたポンプ施設の概略設計に着手したところでございます。
今後とも、地域の方々の安心安全を確保するため、清水川排水機場の機能強化に取り組んでまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?