埼玉県議会 トップ画像

ここから本文です。

ページ番号:12177

掲載日:2019年10月4日

平成24年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (小川真一郎議員)

県道深谷嵐山線の整備について

Q 小川真一郎議員(自民)

私の地元、深谷市の旧川本町の道路網は、東西方向の軸としては荒川を挟んで国道140号と県道熊谷寄居線が走っており、南北の軸として県道深谷嵐山線が地域の方々の暮らしを支えております。
しかしながら、この県道と140号とが交差する武川交差点付近では、クランク状になっていることや秩父鉄道の踏切と距離が短いことから、朝夕の通勤・通学時間帯を中心に交通渋滞が発生しております。
こういった状況の改善に向けて、県では秩父鉄道との立体交差を含めたバイパス整備を進めていただいております。この事業は、地域の方々の安心で快適な暮らしに大きく貢献するとともに、更なる地域の振興、活性化を図るため大変有効であり、地元も早期完成に大きな期待を寄せております。用地買収も着々と進ちょくしていると聞いております。
そこで、この県道深谷嵐山線のバイパス整備の進ちょく状況と今後の見通しについて県土整備部長にお伺いいたします。

A 岩崎康夫 県土整備部長

この道路の国道140号と交差する武川(たけかわ)交差点付近は、踏切と近接し、クランク形状でもあるため、朝夕を中心に交通渋滞が発生しております。
県では、安全で円滑な交通の確保を図るため、秩父鉄道と立体交差する約1.3キロメートル区間でバイパスの整備を進めております。
現在の進ちょく状況は、用地買収率が93パーセントで、工事につきましては立体交差部において、鉄道事業者と工事実施に向け、施工方法などの協議を進めております。
また、鉄道北側の都市計画道路武川駅北大通り線との交差点付近においては、年内にバイパス築造工事に着手してまいります。
今後とも、地元の方々のご理解、ご協力をいただきながら、残る用地買収を進め、事業の推進に努めてまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?