埼玉県議会 トップ画像

ここから本文です。

ページ番号:12053

掲載日:2019年10月4日

平成24年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (小川真一郎議員)

県税に関する手続の電子化とセキュリティ対策について

Q 小川真一郎議員(自民)

近年、我が国におけるIT化の進展には著しいものがあります。今年5月に総務省が発表した通信利用動向調査の結果によれば、多機能携帯電話、いわゆるスマートフォンの2011年度末世帯普及率は29.3パーセントで、前年度末の9.7パーセントの約3倍に急増しております。今後も、加速的な普及が予想されていることでございます。このスマートフォンの普及に顕著に見られますように、今や誰もが身近な端末機で情報のやり取りやショッピングをはじめ、各種申込みや登録手続きなどを手軽にできるようになりました。
こうした中、行政手続においても施設の利用申込みや住民票の写しの交付申請など、電子的に行えるようになっているほか、国税における電子申告、いわゆるe-Taxの利用も拡大していると聞いております。県税においても、県民に身近な自動車税の納税手続の電子化などが進められているところでございます。私は、納税者の利便性の向上や税務行政の効率化を図るため、県税に関する手続きの電子化を一層進めていく必要があると考えます。
そこで、現在の県税に関する手続きの電子化の状況はどうか、また今後どのように電子化を進めていくのか総務部長にお伺いいたします。
また、電子化を進める中、県税事務において取り扱われる個人情報は、重要かつ膨大な量となることから、その管理も極めて重要であると考えます。昨年の東日本大震災では、一部の自治体においてITシステムがダウンしたり、データが失われるなど被害も報告されております。今後、電子化を推進する上でセキュリティ対策など情報管理に加え、災害の障害と混乱を未然に防止する対策も喫緊の重要課題と言えます。特に、納税者サービスを維持するためには、情報が失われることを防ぐとともに、たとえ一時的にシステムが停止したとしても、いち早く復旧することが極めて重要であると考えます。
そこで、本県の県税システムにおける情報管理対策として、どのような措置を講じているのか、併せて総務部長にお伺いいたします。

A 倉上伸夫 総務部長

議員お話のとおり、県税に関する申告や納税の手続きを電子化することは、納税者の利便性を高めるとともに、県税事務のスピードアップと効率化につながります。
このため、県では、県税の手続の電子化を積極的に進めております。
平成18年には、自動車を取得する際に必要な県税の申告など、一連の手続きを同時に行うワンストップサービスを、全国に先駆けて導入いたしました。
また、昨年から、パソコンや携帯電話などを利用した電子納付システムであるペイジーを導入し、納税者が窓口に出向くことなく、いつでもどこでも納税することが可能となっております。
このほか、イータックスの地方版であるエルタックスについても導入し、法人県民税・法人事業税の申告を電子的に行うことが可能となっています。
今年8月末時点での各手続全体に占める電子手続きの利用率を前年同期と比較しますと、ワンストップサービスは、関係団体の協力もあり、21.7ポイント増の64.7%と、大幅に上昇しております。
エルタックスは、7.3ポイント増の45.3%となっております。また、ペイジーについては、導入した昨年からの累計で、約13万件の利用がありました。
今後も電子化のメリットをPRし、利用の拡大を図るとともに、対象とする手続きの拡充などにより、さらに電子化を推進してまいります。
次に、県税システムの情報管理対策として、どのような措置を講じているかについてでございます。
現在、県税システムでは、データを暗号化するとともに、情報の持ち出しを防止する措置を講じるなど、常時、情報の管理を徹底しております。
また、災害などにより、県税システムが大きな被害を受けた場合に備え、本体システムとは別の場所に、平成24年12月の完成を目途(めど)に、バックアップシステムの構築を進めております。
これにより、本体システムの復旧までの間、収納金の管理や納税証明書の発行など、優先すべき業務が速やかに再開できることになります。
今後とも、県税の電子化に当たっては、情報の管理の徹底を図るとともに、たとえ災害が発生しても、納税者サービスの低下や混乱を招くことのないよう、しっかりと対応してまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?