埼玉県議会 トップ画像

ここから本文です。

ページ番号:11431

掲載日:2019年10月4日

平成24年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (加藤末勝議員)

川の再生箇所を利用した観光施策について

Q 加藤末勝議員(自民)

私は常々、埼玉県に住んでよかった、ふじみ野市に住んでよかった、これからも住み続けたいと思われる政策を実現する県政、市政を目指してまいりました。そのような中、上田知事が進めるみどりと川の再生、とりわけ川の再生につきましては、私が最も共感する政策の一つであります。埼玉県は、県土に占める河川の面積割合で日本一であり、そして本県の母なる川、荒川の川幅が2537メートルで日本一であります。川の再生は、こうした川に関する二つの日本一、まさに地の利を生かした川の国埼玉県が推進すべき政策と考えております。
埼玉県では、この資産を生かし、平成20年度から川の再生に取り組み、リーディング事業といたしまして、100カ所の川の再生を行う水辺再生100プランを進めてまいりました。私の地元ふじみ野市におきましても、新河岸川で取り組んでいただきました。この箇所の、今年の春だったんですが、完成披露会におきましては、自然や水辺に誰もが親しみやすくなった新河岸川を、地域の皆様や地元ふじみ野市とともに完成を喜んだことが記憶にまだ新しいところでございます。
このように、川の再生については多くの県民の方々に共感をいただいているところと思います。今後は、再生された川を周辺の地域資源などと併せて観光資源として活用していくことが効果的であると考えていますが、いかがでしょうか、産業労働部長にお伺いをいたします。

A 松岡 進 産業労働部長

海のない埼玉県ですが、首都圏にあって緑が豊かで四季の花が咲き、きれいな川と親しむことができるということになれば、多くの観光客が訪れることは間違いありません。
県では水辺再生100プランや川のまるごと再生プロジェクトを通じて多くの川の再生を図っております。
こうして再生した水辺と既存の観光資源をうまくマッチングできれば、観光地としての魅力がさらにアップすると思います。
例えば、新河岸川の養老橋付近にある「福岡河岸記念館」や川の再生で整備された船着場を組み合わせ、さらに蔵のまち川越まで繋げれば魅力的な観光コースとすることもできます。
そのほか、キャンプ場・バーベキュー場として関東で人気第1位の嵐山渓谷バーベキュー場と嵐山史跡の博物館、木曽義仲ゆかりの地などを結ぶ観光コースも魅力的で、ここでは8月から11月まで期間限定でレンタサイクル事業も行っています。
県といたしましては、今後も地元市町村などと協力して再生された川と周辺の観光資源を結びつけ、川を活かした観光振興に積極的に取り組んでまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?