埼玉県議会 トップ画像

ここから本文です。

ページ番号:11900

掲載日:2019年10月4日

平成24年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (松本恒夫議員)

一級河川鳩川の越辺川合流部付近における改修について

Q 松本恒夫議員(自民)

鳩川は鳩山町のほぼ中央を東西に流れ、越辺川へと注ぐ、地元の生活に密着した主要な河川であります。この川は昭和50年代前半から県により改修が進められ、現在は越辺川との合流部付近を残し、ほぼ改修が完了している状況であります。未改修となっている合流部付近は、台風や集中豪雨によって浸水被害を受けてきた地域であり、周辺の住民は国が進める越辺川の改修事業と一体となって早期に整備がなされることに大きな期待を寄せております。地域住民を水害から守り、安心安全な生活が送れるよう努めることは我々の使命でもあり、早期の事業化を願うものであります。
そこで、鳩川の越辺川合流部付近における改修をどのよう進めていくのか、県土整備部長にお伺いします。

A 岩崎康夫 県土整備部長

鳩川は、鳩山町高野倉地内を起点とし、国が管理している越辺川の区間に合流する延長約6.8キロメートルの一級河川でございます。
鳩川の改修につきましては、最下流部の越辺川合流点から約200メートル区間を除き、既に完成しております。
この区間の整備につきましては、河川構造物の連続性を確保するため、国が行う越辺川の改修事業と整合を図りながら、一体的に進める必要があります。
これまで国では、越辺川の改修に向け堤防などの概略設計を行い、現在、鳩山町と最終的な調整を行っていると聞いております。
また、県では、合流部の改修に伴い架け換えとなる重郎橋の予備設計や取付道路の詳細設計を実施しております。
県といたしましては、国と連携を図りながら、地域の方々の安心安全を確保するため、鳩川改修の早期完成に努めてまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?