埼玉県議会 トップ画像

ここから本文です。

ページ番号:11351

掲載日:2019年10月4日

平成24年9月定例会 「警察危機管理防災委員長報告」

副委員長 諸井真英

警察危機管理防災委員会における審査経過の概要について、御報告申し上げます。
本委員会に付託されました案件は、議案3件であります。
以下、論議のありました主なものについて申し上げます。
まず、第91号議案について、「大宮警察署の移転について、どのような説明を地域住民にしているのか。また、移転後、現在よりも同署から遠くなる、さいたま市北区の治安をどのように確保していくのか」との質疑に対し、「移転事業計画の内容、現庁舎の現状と問題点、移転後の治安対策を中心に、地域住民等に説明を行っている。また、移転改築する加茂宮(かものみや)交番へのパトロールカー1台の固定配置や本郷交番の適切な移転改築の検討などに加え、自動車警ら隊等の警察本部執行隊とも連携を図りながら、巡回の更なる強化等を通じて、地域住民の不安を払拭していきたい」との答弁がありました。
また、「大宮警察署移転後の跡地はどのように活用する予定なのか」との質疑に対し、「移転後に現庁舎を撤去して県に跡地を返還し、埼玉県県有資産マネジメント会議の中で、跡地の活用方法が検討されることとなる」との答弁がありました。
さらに、「移転先である三菱マテリアル跡地については、過去に土壌汚染問題が取りざたされたことがあったほか、放射性廃棄物が現在も保管されていると聞いている。移転地として問題はないとのことだが、土地の安全性に関する具体的な説明を伺いたい。また、どのように土地の購入価格を算定したのか。今後、どのように地権者と価格交渉を進めるのか」との質疑に対し、「さいたま市と協議の上、三菱マテリアルが、汚染土壌を除去した後、良質な土壌を入れる浄化工事を行い、本年4月に工事を完了した。また、放射性廃棄物については、平成21年10月までに回収を完了し、同地内にある、新耐震基準に適合した地下保管庫で安全かつ適正に保管・管理されている。この保管庫内及び地上での放射線量を定期的に測定しており、いずれも自然界レベルであることを確認している。なお、この放射線量測定結果及び保管庫の日常管理記録を公開するとともに、毎年定期的に地域住民に対して説明会を開き、保管状況についての説明をしている。購入価格は、付近の地価公示価格を基に算定している。不動産鑑定士の鑑定結果を基に、しっかりと地権者と交渉していきたい」との答弁がありました。
このほか、第99号議案及び第100号議案については、執行部からの詳細な説明をもって了承した次第であります。
次に、討論に入りましたところ、第91号議案に賛成の立場から、「大宮警察署の移転に当たっては、移転先が現大宮署の管内の南端(なんたん)となることから、移転後の同署から遠くなる、さいたま市北区の治安維持について、移転後の跡地への交番設置等を含め、警備態勢を厚くし、万全を期すこと」との討論がありました。
以上のような審査経過を踏まえ、本委員会に付託されました議案3件について採決しましたところ、いずれも総員をもって、原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。
なお、付託案件のほか、当面する行政課題として、危機管理防災部から「様々な危機を想定した実践的訓練について」の報告があり、種々活発な論議がなされましたことを申し添えまして、本委員会の報告を終わります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?