埼玉県議会 県議会

ここから本文です。

ページ番号:11899

掲載日:2019年10月4日

平成24年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (田中龍夫議員)

埼玉県の水道および流域下水道のバックアップ機能等について

Q 田中龍夫議員(自民)

昨今、東海地震や首都直下型地震といった大地震の発生が危惧されております。こうした地震が発生した場合は、予想以上の大きな被害が予想されております。そこで、県営水道および流域下水道が大規模地震に備え、電源の喪失や上下水道の本管の破損時の迂回路をはじめとするさまざまな障害に対するバックアップ機能をどのように講じているのか、公営企業管理者および下水道事業管理者に伺います。

A 石田義明 公営企業管理者

まず、浄水場の電源が喪失した場合ですが、その際は自家発電設備が稼働し、電源が復旧したらすぐに送水が開始できるように維持管理電力を確保しております。
また、5カ所の県営浄水場は送水管でつながっており、一つの浄水場の電源が喪失したときでも、他の浄水場から一定程度の応援送水をすることができます。
さらに、東京都朝霞浄水場と埼玉県大久保浄水場の送水管は連絡管で結んでおり、日量10万トンの相互融通ができる体制となっております。
次に、送水管が破損した場合ですが、昨年の東日本大震災において、県内では一部の送水管が破損し、漏水が発生しました。
県では復旧資材を備蓄し、土木、電気、機械などの補修専門業者と復旧協定を締結しておりますので、短期間で復旧することができました。
また、漏水事故で送水が停止しても、送水管がループ状に布設されている箇所では、断水せずに送水できる機能を持っております。
今後も、大規模地震に備え、備蓄水の増強をはじめ、県営水道のバックアップ機能の強化に努めて参ります。

A 加藤孝夫 下水道事業管理者

県では、大規模地震によって下水道施設に障害が生じた場合でも、一定の水処理機能を保てるよう、耐震化と合わせ施設や管理面におけるバックアップ機能の整備を図っております。
具体的には、電源が喪失した場合に備え、すべての処理場とポンプ場に自家発電設備を整備しております。
また、長い管渠では途中に中継ポンプ場を設置して汚水を処理場に流していますので、このポンプ場の機能が停止すると下水処理自体が出来なくなります。
そこで、22カ所あるこれらのポンプ場が破損した場合でも、暫定的にポンプ場を通さず汚水を流すことができるよう、現在、バイパス管の整備を順次進めているところです。
それぞれの処理場においても、水処理施設を2系列から8系列と複数系列にして整備しており、一部の系列が破損しても他の系列で処理できるようにしています。
さらに、運転管理の面では、被害のあった流域に対して、他の流域から人員や資器材をバックアップできるよう、日頃から8つの流域間で支援訓練を実施しているところです。
今後とも、大規模地震に備え、こうしたさまざまなバックアップ機能を整備してまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、正式な会議録とは若干異なります。 

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?