埼玉県議会 県議会

ここから本文です。

ページ番号:11348

掲載日:2019年10月4日

平成24年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (田村琢実議員)

災害対策専門研修について

Q 田村琢実議員(自民)

この研修については、平成20年6月定例会で一般質問させていただきました。自治体の首長を対象とした研修であるトップフォーラムを開催し、災害時に求められる役割やリーダーシップなど自治体の防災、危機管理体制の一層の充実を図ることの必要性を訴えさせていただき、平成21年8月に実施していただきました。しかしながら、その後約3年間残念ながらトップフォーラムが行われた形跡がありません。自治体首長の災害対応能力を向上させるため、2年に1回は開催することが望ましいと考えますが、せめて首長の改選を根拠とすれば4年に1回の開催が必要だと思います。
そこで、このトップフォーラムの継続的開催について、危機管理防災部長のご所見をお伺いします。

A 福島 亨 危機管理防災部長

阪神・淡路大震災の教訓を踏まえ、平成21年8月に開催したトップフォーラムは、実践的なカリキュラムで実施いたしました。
具体的には、震災発生から1週間後までに必要な災害時業務や模擬記者会見の演習などでございました。
参加した市町村長からは、大変勉強になった、災害時に重要となるのは正確な情報発信であるなどの意見をいただいたところでございます。
昨年3月の東日本大震災、本年5月の茨城県と栃木県の竜巻、6月には台風が本州に上陸するなど災害が続いております。
自治体トップの防災に対する意識が高まっているこの時期に、トップフォーラムを開催することは大変意義があることと思います。
今後、トップフォーラムの定期的な開催に向けて、市長会や町村会とも協議してまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?