埼玉県議会 県議会

ここから本文です。

ページ番号:12175

掲載日:2019年10月4日

平成24年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (山下勝矢議員)

江戸川新橋の早期建設着工を

Q 山下勝矢議員(自民)

これは、私が子どもの頃から今に至るまで毎日悩んでいる三郷市の大きな問題であります。私の地元三郷市は江戸川を挟み千葉県と接しておりますが、近年ではつくばエクスプレスの開業などにより、新しい町が急ピッチででき上がっております。特に流山おおたかの森及び新三郷駅周辺に大型商業施設が進出したことにより、人や物の交流が活発に行われております。埼玉県側では新三郷駅周辺にはコストコ、イケア、ららぽーと、さらに西に行ったところでは越谷レイクタウンやアウトレットモールがあるなど開発が進んでおります。
このため、県道草加流山線の流山橋周辺の交通量は年々増加しており、慢性的な渋滞。特に土曜・日曜などの休日の混雑は厳しいものがあります。この渋滞は流山橋、その上流にある玉葉橋の距離が約8キロ離れていることが原因の一つです。この間には、既に新しい橋が都市計画で定められております。
そこで、流山橋の渋滞解消に有効であると期待されるこの江戸川新橋の事業化に向けた県土整備部長のご所見をお伺いいたします。

A 岩崎康夫 県土整備部長

江戸川新橋は、千葉県境の江戸川に架かる橋りょうで、つくばエクスプレス沿線都市の連携を目的とした(通称)都市軸道路の一部として、平成17年に都市計画決定されております。
この都市軸道路の埼玉県区間は、千葉県流山市境の江戸川から都市計画道路三郷流山線を通り、三郷市の国道298号に至る約6.8キロメートルの都市計画道路でございます。
このうち、吉川駅南特定土地区画整理事業区域から国道298号までの約2.1キロメートルが平成24年3月に4車線で供用いたしました。
残る約4.7キロメートル区間につきましても、供用した区間に引き続きJR武蔵野線の西側区間において用地買収を進めております。
お尋ねの江戸川新橋につきましては、都市軸道路全体の整備状況を見極めながら、事業主体や整備手法などの具体的な課題について、今後、千葉県と協議を行い、事業化について検討を進めてまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?