埼玉県議会 県議会

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

ページ番号:11956

掲載日:2019年10月4日

平成24年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (武内政文議員)

ゾーニングの考え方について

Q 武内政文議員(自民)

埼玉はいろいろな魅力を持っておりますが、多彩だけでは外に対して魅力を印象づけられないのではないかと思います。私は、県内行政エリアにとらわれず、○○ゾーンとして幾つか区域分けをして、一定のイメージをつくっていったほうがよいのではないかと思っております。例えばですが、県西部を走る八高線の沿線は観光地・歴史・特産物など豊富な地域資源を持っております。歴史をたどると、この沿線は深谷周辺から越生、毛呂山、八王子、そして横浜港へと近代日本の輸出を支えた生糸の生産と輸送ルートであり、いわば関東の絹の道、シルクロードでありました。こうした歴史浪漫を掘り起こして一定のエリアを観光ゾーンに指定し、そこから広域的な観光振興を進めてはいかがかと考えますが、ご所見をお伺いいたします。

A 松岡 進 産業労働部長

観光は一つの市町村で完結するものではなく、多くの観光資源を広域的に結びつけ、PRすることが重要です。
例えば歴史や食、文化など共通したテーマでゾーンを形成したり、異なる要素の観光資源を結びつけ移動しやすさも考慮した観光ルート、観光ゾーンを設定することが有効です。
そのため、県では公式観光サイト「ちょこたび埼玉」に「いにしえの歴史を感じるコース」や「B級ご当地グルメまるかじりの旅」など13の広域的なモデルコースを設定しPRしています。
今後は、広域的なゾーン設定も考えつつ、さらに回遊性の高い魅力ある観光ルートを企画、設定し、県内外に積極的にPRするなど一層の観光振興に努めてまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、正式な会議録とは若干異なります。 

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?