埼玉県議会 県議会

ここから本文です。

ページ番号:12145

掲載日:2019年10月4日

平成24年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (中屋敷慎一議員)

24時間定期巡回・随時対応サービスの普及促進について

Q 中屋敷慎一議員(刷新の会)

全国で8番目に合計特殊出生率が低く、今後も少子化傾向が継続する上、高齢者人口の増加率は全国平均をはるかにしのぐ勢いで進むことに加え、全国2位の核家族化率である本県にとって、介護の問題は非常に重要な問題であります。そして、高齢者が住み慣れた地域で暮らせる社会をつくり上げていくことも、豊かなシルバーライフを過ごすためには大変重要です。
知事は、昨年の9月定例議会で我が会派の菅原文仁議員の質問に対して、介護と看護が一体となった24時間の定期巡回・随時対応サービスを、幾つかの課題に対処しながらも普及させなければならないだろうと答弁されました。また、県議会においても平成22年の2月定例議会で国に提出された介護保険制度の抜本的な基盤整備を求める意見書の中で、在宅介護への支援を強化するために、24時間365日の訪問介護サービスの大幅な拡充を行うことに言及しています。
さて、介護の必要度に応じて月額6,670円から30,450円の定額利用料を支払えば、昼夜を問わず自宅でヘルパーや看護師から入浴やトイレの介助、リハビリなどのケアを受けられるという定期巡回・随時対応サービスは、2012年度介護報酬改定の目玉政策です。本県においては、23年度に志木市、久喜市の両市において国のモデル事業を実施しました。また、今年度県の新規事業として5,160万円の予算を駆使し、24時間介護・看護サービスの普及促進に取り組んでいるところです。
しかし、本県を含む全国での普及促進への取組にもかかわらず、2012年度に実施するのは、全国1,566保険者のうち12パーセントの189保険者にとどまり、2014年度の見込みについても329保険者の21パーセントにとどまるのが現状です。こうした状況を受けて、今月1日の衆議院社会保障と税の一体改革に関する特別委員会でも、公明党の稲津久議員から、本当にニーズ、要望に合ったものなのか十分検証して、早く方向性をつけたほうがいいとの意見も述べられています。
さて、本県にとって普及促進に期待のかかるこの事業ですが、福祉部としてこうした現状をどう分析されているのでしょうか。また、普及促進に向けて県単独補助事業の展開も含め、本県として今後どのように取り組んでいこうとするのか、福祉部長にお尋ねいたします。

A 荒井幸弘 福祉部長

まず、現状をどのように分析しているのかについてでございます。
議員お話のとおり、このサービスについては、全国的に事業者参入が進んでおりません。
本県においては、現時点で志木市、久喜市、和光市及び宮代町がこのサービスを開始をしております。
本年6月の県の調査では、平成26年度末までにこのサービスを予定しているのは23保険者となっており、全体の約4割となっております。
保険者が、実施を予定しない理由は、「サービス内容が浸透していないため利用が見込めない」、「事業参入を希望する事業者がいない」などでございます。
また、事業者の参入が進まないのは、オペレーターシステムの整備など初期投資が必要となることや、需要が読み切れず採算性に不安があるというお話を伺っております。
一方、平成22年度の厚生労働省の調査では、「在宅介護サービスが充実していれば自宅で介護を受けたい」という回答が7割を超えております。
このようなことから、県としては、現状では潜在的なニーズはあるもののさまざまな課題がありこのサービスの普及が進んでいないと考えております。
次に、県として今後どのように取り組んでいこうとするのかでございます。
県では、平成24年度にこのサービスを導入する市町村をモデルに指定し、事業の立ち上げに要する経費を補助することといたしました。
現在、モデル市町村や事業者とともに立ち上げや運営に係る課題解決策を検討いたしているところでございます。
その成果を事例研修会などでほかの市町村や事業者に提供し、このサービスの普及に努めてまいります。
県としては、介護が必要になってもできる限り住み慣れた家庭で安心して暮らせるよう、平成28年度末までに、このサービスが全ての市町村で利用できるよう取り組んでまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?