埼玉県議会 県議会

ここから本文です。

ページ番号:11805

掲載日:2019年10月4日

平成24年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (須賀敬史議員)

さいたまマラソンの復活について

Q 須賀敬史議員(自民)

皇居ランナーという言葉の定着に象徴されるように、首都圏を中心にランニングブームが巻き起こり、全国各地に広がりを見せ続けています。笹川スポーツ財団の調査によると、2010年のジョギング、ランニング人口は推計で800万人を超え、4年前と比較すると300万人近く増加しています。ランニングブームの背景としては、用具に費用がかからず、場所を選ばずに1人で楽しめるといった手軽さや、高齢化社会が加速する中で健康志向の高まり、また女性ランナーを中心としたウエアのファッション化や携帯音楽プレーヤーの普及など様々な点が挙げられますが、火付け役となったのは、何といっても2007年より開催されている東京マラソンであります。
今年の東京マラソンの状況を見ると、フルマラソンの一般申込みは定員29400人のところ、申込者数は28万人、当選倍率は9.6倍という高倍率になり、開催当初の2007年と比較すると18万人もの増加となりました。また、申込者の約4割がフルマラソン未経験者と言われており、マラソンランナー層を一層広げ、ブームのけん引役となっています。この東京マラソンの成功を受けて、2010年からは奈良マラソン、2011年には大阪マラソン、神戸マラソン、そして今年3月には京都マラソンが新たに開催されました。各自治体は、今般のランニングブームをチャンスと捉え、大会を通じてのまちおこしに力を入れています。
私が直接観戦した東京マラソンでも、コース沿道の商店街が観戦者に役立つ地下鉄マップやお薦めのお店情報マップを作成し配布したり、ゴール会場付近では特産品を販売するブースや企業のPRブース、和太鼓のステージなどがあり、それぞれの地域を盛り上げようというイベントが行われ、たくさんの人でにぎわっていました。それをこの目で確かめたとき、埼玉でのフルマラソンを復活させれば、確実に経済効果はある、工夫次第でそれは更に膨らみ、本県の大きなアピールになると確信しました。12月の質問には、知事から埼玉新聞の1面を飾る大変前向きなご答弁をいただきました。我が埼玉県庁が有する最強の市民ランナー川内優輝選手は、次のリオデジャネイロオリンピックを目指し走り続けています。その頑張りに埼玉県民が沸き上がっているこの空気を逃がすことのないように、知事の決断をいただきたいと思います。現在のさいたまマラソンの復活に向けての検討状況と開催に向けた知事の決意をお伺いします。

A 上田清司 知事

本県では、今年で80回目を迎え、歴史的には最も古い箱根駅伝の次といわれております伝統の埼玉県駅伝競走大会や、全国的に注目度の高い東日本実業団対抗駅伝競走大会などが行われています。
また、今年200を超えるチームが参加した奥むさし駅伝競走大会もあります。
こうした「陸上王国の埼玉」の名にふさわしい駅伝大会が県民の間に広く親しまれ、国内の評価も高いものであります。
一方、マラソンは初心者でも一人でも参加できるという楽しみがあります。
とりわけ、大勢の人が集まってお祭り騒ぎになる。これも大変魅力的であります。
昨年12月に須賀議員からのご質問の中で、5千人とか1万人の定員でもできるものがあれば、フルマラソンの開催に挑戦すべきではないかというお話しがございましたし、私も受け止めたいというふうに答弁をさせていただきました。
さっそく、他県の例を調べさせていただきました。
開催経費については、東京マラソンが約18億円掛かっています。
京都マラソンが約6億5千万円、最も経費の少ない奈良マラソンで、約2億8千万円となっています。
また、開催までの準備期間はどこも概ねだいたい3年程度を要しておるようです。
一方、県内に目を向けますと、確認できる範囲でフルマラソンが3大会、ハーフマラソンも21大会あります。
このように、11月から3月のシーズン中の日曜日は、あまり隙間のない形で実施をされております。
そういう意味でこの時期には全国各地でも主要なマラソン大会や駅伝大会が、数多く実施されております。
こういう中で、本県でフルマラソン大会を開催するからには、走って楽しい、応援して楽しいコースを設定し、市民ランナーの方に魅力のある大会を目指さなければならないと思います。
こうしたことを総合的に考えて、日程、コースなどを設定していかなければならないことが分かってきました。
埼玉でフルマラソン大会を実現するとしたら、どういう形だったら可能か、よく教育委員会と相談して検討をさらに進めていきたいと思っております。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?