埼玉県議会 県議会

ここから本文です。

ページ番号:11580

掲載日:2019年10月4日

平成24年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (小野克典議員)

県道蓮田鴻巣線の歩道設置について

Q 小野克典議員(刷新の会)

この県道蓮田鴻巣線は北本市境から伊奈町境まで約4キロメートルを南北に桶川市内を通過しており、歩道が整備されていない区間があります。特に、県道川越栗橋線の桶川高校入口交差点から北本市境にかけては歩道が全く整備されておりません。現在、この区間を含めた県道は近隣中学校の通学路に指定されており、沿線にある桶川高校、北本高校の自転車通学のルートにもなっております。また、沿線には工業団地もあることから、朝夕の交通量も多く、歩行者、自転車の交通安全が非常に懸念されている状態であります。今後、平成26年度以降に予定されている圏央道(仮称)桶川インターチェンジが供用されますと、そのアクセス道路として交通量の大幅な増加が見込まれます。
また、埼玉県が策定した田園都市産業ゾーン基本方針に基づき、(仮称)桶川インターチェンジ周辺では桶川市との市境に位置する北本市の江崎グリコの工場が今年度より操業を開始され、また桶川市においても工業系開発を進めており、これらの業務、通勤関連の交通に関しても、この県道蓮田鴻巣線の利用が見込まれるところでもあります。
現在、県では圏央道事業に関連して渋滞箇所である桶川高校入口交差点の整備事業を行っており、蓮田鴻巣線にも一部歩道が設置される予定となっておりますが、今申し述べました状況を勘案していただきまして、交差点整備事業に引き続き歩道設置を更に北へ延伸していただきたく、県土整備部長にお伺いします。

A 岩崎康夫 県土整備部長

この県道は、蓮田市から桶川市を経て鴻巣市を結ぶ幹線道路で、圏央道(仮称)桶川インターチェンジへのアクセス道路でもございます。
この県道の桶川高校入口交差点北側は通学路に指定されておりますが、歩道が整備されていない状況です。
インターチェンジが開通いたしますと交通量の増加が見込まれるため、現在、桶川高校入口交差点から北側280メートルの区間について、交差点整備とあわせて歩道の整備を進めております。
今後は事業中区間の早期完成を図るとともに、その北側区間への歩道の延伸につきましても、引き続き整備が推進できるよう検討してまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?