埼玉県議会 県議会

ここから本文です。

ページ番号:12143

掲載日:2019年10月4日

平成24年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (井上将勝議員)

3月11日に防災意識の啓発を

Q 井上将勝議員(民主・無所属)

2月に行われた予算特別委員会においても、同様な趣旨で質問をさせていただきましたが、改めて今回の一般質問でも質問をさせていただきます。
東日本大震災が発生してから1年3か月が経過をいたしました。ふるさとを遠く離れて避難されている方、仮設住宅で過ごされている方、そしていまだ御家族が見つかっていない方など、その傷跡は現在も生々しく残っております。人には、前に進むためにつらかった記憶を忘れるという性質が備わっています。その性質によって、人は過去の悲しみを受け入れ、新たな一歩を踏み出すことができます。しかし、その悲しみの忘却の流れの中に今回の震災の教訓まで含めてしまっては絶対にいけません。地震などの災害から被害を少なくするためには、今回の震災を我々の重要な教訓とし、後世に残していく必要があります。
そこで、私はこの3月11日を中心にして、震災を風化させないようにするための取組を県内で展開するように提案をするものです。
御存じのように、9月1日は関東大震災が発生した日であり、防災の日として指定され、現在、九都県市合同の防災訓練などが実施されています。また、阪神・淡路大震災が発生した1月17日は震災ボランティアの日として指定されています。私は、3月11日を特別な日として指定することを提案しているのではなく、あくまでも震災を忘れないという取組をさまざまな年齢層に対して行うことを提案するものです。県民も、9月1日、1月17日が大切な日であることは十分理解しているとは思いますが、連日あのようにメディアで生々しく報道され、これだけ日本全国に震災というものが決して他人ごとではなく、我が身に起こることとして意識させた今回の震災のインパクトはやはり違うと思います。防災意識を高め、必ず来るであろう次の震災に備えるという観点からすると、9月1日、1月17日も重要ですが、やはり3月11日に県民への啓発活動を行うことが重要だと考えます。
そこで、この震災の記憶が生々しい時期である今から、3月11日に例えば災害への備えを会社や学校、家庭で点検をする、会社、学校で防災教育を行う、家庭で防災についての話し合いを持つよう啓発するなど、防災意識を高める取組を実施するべきだと思いますが、知事のご所見をお伺いをいたします。

A 上田清司 知事

東日本大震災は東北三県のみならず北海道から関東に至るまで広大な範囲に地震、津波、さらに原発事故で悲惨な被害をもたらしました。
奪われた多くの尊い命を思うとき、未曾有の大地震をしっかり検証し、得られた教訓を生かさなければならないと私も肝に銘じております。
大正12年の関東大震災が発生してから90年近く経過し、この震災を実際に体験した人はわずかになっております。
今日では、この震災が9月1日に発生したことやこの日を記念して防災訓練を実施していることを知る人も少なくなっていると思います。
時間の経過は、ともすれば私たちの記憶というものを薄れさせてしまいます。
また、大きな災害に見舞われていない本県では、ややもすると防災意識が低下していくのではないか、そういう懸念もございます。
被災地では、必死に復旧・復興に取り組んでおり、現時点では3月11日を何らかの形で防災がらみの日に位置付けることは若干失礼かなというような思いも無いわけではありません。
しかし、3月11日を防災意識の高揚に結びつけることは極めて意味があることだと私も思っております。
9月1日を中心とした防災週間では、全国各地で実働訓練を中心にやっております。
そこで、東日本大震災が発生した3月11日には家庭や学校、企業で広く防災用品や備蓄用品の点検をするというご提案、大変意義にかなったものだと思っております。
したがいまして、復旧・復興の状況を見ながら、確かにいま一生懸命にやっている時に、こっちで勝手にやるのもいかがかなという部分があります。このため、その状況を見極めて、防災訓練の基になる県民の防災点検の日というような位置付けを考えていくのは、大変いいことではないかというふうに思っております。しかし、ここはちょっとセンシブルな課題でございますので、いまひとつ丁寧に状況を見極めた上で議員のご提案を生かしていきたいというふうに考えております。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?