埼玉県議会 県議会

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

ページ番号:11342

掲載日:2019年10月4日

平成24年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (枝久保喜八郎議員)

権現堂4号公園の整備拡充について

Q 枝久保喜八郎議員(自民)

埼玉県の優良な観光資源として知名度の高い権現堂公園は、来訪者も年々増加しております。ところが、その肝心の来訪者に対するサービス欠如の問題があります。それはトイレと駐車場に関するものです。
まず、トイレに関しては設置数そのものが問題であり、1日に数万人が訪れる花見時には長蛇の列ができる始末です。ちなみに、権現堂4号公園に設置されているトイレは、第1駐車場と桜堤中ほどの2カ所で、駐車場トイレには男性用が小2、大1、女性用が洋式2、和式3、計5つであり、桜堤中ほどにあるトイレは男子用が小2、大2、女性用は洋式1、和式2の計3つとなっております。ちなみに、身障者用トイレは設置されております。
花見客の特性は、長時間滞在型であり、トイレの充足率の低さは利用者にとって緊急事態も少なくないということです。特に、女性は悲惨なこととなり、権現堂で膀胱炎になったという話は切実な問題として受け止めざるを得ません。
埼玉県では、2月定例会で観光づくり条例が成立しました。条例の根本精神は、来訪者へのもてなしが基本です。きれいで清潔で、しかも長時間待たないトイレの整備は、このもてなしの重要なポイントと思うのですが、いかがでしょうか。
量販店、遊園地、そして遊技場など、人が集い憩う場所では、トイレを最上のもてなしの場としてプランニングする時代です。トイレに対するイメージは、特に女性感覚としてリピート訪問する気持ちが生まれるかなくなるかを左右いたします。また、駐車場の未舗装部分は雨天の後、車を止めても外に出れない、歩けないといった状況で、何らかの対策を求める声が根強くあります。
そこで、権現堂4号公園のトイレと駐車場の整備について、今後の対応を都市整備部長にお伺いします。

A 南沢郁一郎 都市整備部長

権現堂公園は桜まつりをはじめ、アジサイまつりなど年間を通じ、大変多くの方にご利用いただいております。
公園管理では、おもてなしの気持ちを大事に、特に多くの方が訪れる桜まつりの期間は、今年の場合既存トイレの18基に加え37基の仮設トイレを設置し、ご不便をおかけしないよう取り組んでおります。
既存の2カ所のトイレについては、平成20年の公園オープン時に幸手市から移管されたもので、桜堤(さくらつつみ)中ほどのトイレについては老朽化も進んでいる現状にあります。
このため、現在進めている、公園施設の長寿命化計画策定作業の中で、既存トイレを活用して便器の増設を図るのか、または建替により拡充を図るのかなど検討してまいります。
また、第一駐車場の未舗装部分の舗装化につきましては、あらためて利用状況を調査し、必要な面積の舗装改修を検討してまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?