埼玉県議会 県議会

ここから本文です。

ページ番号:11205

掲載日:2019年10月4日

平成24年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (梅澤佳一議員)

看護師確保対策について

Q 梅澤佳一議員(自民)

新病院の増床に対応するためには、医師だけではなく看護師の採用も重要です。そこで、医師と同様に確保が難しいと言われる看護師の状況をまず伺います。
次に、患者やその家族と接する機会が最も多い看護師は頼りになる存在であり、病院の顔でもあります。看護師のきめ細やかな対応で、患者やその家族の不安は少なくなります。そこで、看護の質の向上に対する取組について併せて伺います。さらに、看護師自身が安心して仕事を続けられる職場環境が質の高い看護の提供にもつながると考えますが、看護師の働きやすい職場環境づくりについてのお考えも、併せて病院事業管理者に伺います。

A 名和 肇 病院事業管理者

医師同様に確保が難しい看護師についても、平成23年度からの3年間で計画的な採用を行うこととし、この2年間で60人の看護師を増員いたしました。
引き続き、必要人員を確保できるよう、県内の看護師養成校を中心に、積極的な募集活動を進めてまいります。
次に、看護師の質の向上に対する取組みでございます。
まず、看護職員の質の向上と豊かな人間性の育成を目指し、病院局に研修を担当する専任の主幹級看護師を配置し、経験や能力に応じた研修環境を整えております。
また、県立病院においては、特定の看護分野において熟練した看護技術や知識を持つ、水準の高い看護を行う認定看護師の育成に努めております。
今後も、看護師の質の向上に努めてまいります。
最後に、看護師の働きやすい職場環境づくりでございます。
がんセンターをはじめ、県立病院のすべての看護師に対して、年に1回、勤務への満足度を調査し、結果について各病院にフィードバックし、病院運営に反映させております。
また、新しいがんセンターの整備に合わせて、院内保育施設を敷地内に設置し、看護師をはじめ医師などの医療スタッフが仕事と子育てを両立させることができるよう支援を図ってまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?