埼玉県議会 県議会

ここから本文です。

ページ番号:11682

掲載日:2019年10月4日

平成24年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (梅澤佳一議員)

建設工事の進捗状況と今後の見込みについて

Q 梅澤佳一議員(自民)

昨年の7月10日、梅雨明けの猛暑の中、がんセンター新病院の起工式が行われました。私も出席をしましたが、知事をはじめ大勢の関係者が出席をされ、まさに会場は熱気に包まれておりました。この様子からも私は新病院への期待の高さを強く感じたところです。
現在がんセンターは、年間の外来者患者が19万人を超え、入院患者数も延べ13万人に上ります。例えば乳がんの手術数は平成22年、1年間で422件で全国で7位、放射線治療の新規患者数は1170件で全国6位という治療実績を見ても、多くの県民の方々が県立がんセンターでの治療に期待を寄せている状況がよくわかります。
がんは、早期発見、早期治療で多くの命が救われる時代になりましたが、県民のよりどころとなるのは、やはり県立がんセンターであると考えます。そこで、起工式から1年近くたとうとしています。現在の新病院の建設工事の進捗状況はどうなっているのか、今後どのよう進めていくのか、まず病院事業管理者に伺います。

A 名和 肇 病院事業管理者

本体工事につきましては基礎工事を終え、地震のゆれを軽減する免震装置を設置し、その上に地下1階部分の柱や壁などの躯体(くたい)工事を行っております。
現時点での工事の進捗率は19.2%でございます。
平成25年2月には建物全体が建ち上がる予定で、その後内装工事を行い、設備や医療機器を設置してまいります。
また、敷地周辺の道路整備につきましても、今年4月から着工しております。
これらの工事を着実に進め、平成25年12月末の新病院オープンに向け万全を期してまいります。 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?