埼玉県議会 県議会

ここから本文です。

ページ番号:11944

掲載日:2019年10月4日

平成24年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文 (梅澤佳一議員)

消防の広域化について

Q 梅澤佳一議員(自民)

消防の広域化については、県内を7つのブロックに広域化するという内容の埼玉県消防広域化推進計画が、平成20年3月に策定されました。知事も「県内消防本部が住民の期待に十分応えていくには、消防の広域化を推進することによって、消防本部の更なる充実強化を図ることが喫緊の課題である」とおっしゃっています。
久喜市を中心とする5市3町の第7ブロックでは、その計画に基づき、いち早く協議会を設置し、消防広域化の検討を行ってきました。残念ながら昨年11月に、羽生市と蓮田市が負担金等が折り合わず脱退することになりましたが、おかげさまで加須市、久喜市、幸手市、宮代町、白岡町、杉戸町の3市3町で、来年の4月1日から広域化することで、埼玉県第7ブロック消防広域化協定調印式が4月5日、鷲宮総合支所で行われました。
協議会会長の田中久喜市長は、「今回の広域化は、住民の生命・財産を守る消防体制のあるべき理想の姿として捉え、何としても広域化を成就しなければと不退転の決意で取り組んできた。東日本大震災から1年が経過したが、広域大規模災害には自治体間の連携、連帯が不可欠であり、消防広域化は必ず達成すべき命題として構成首長とますますの連携強化を図り、進めていく」と話されています。
昨年の東日本大震災以降、大規模災害のときは助け合うのが当たり前というように住民の考え方も変わってきています。消防には自分の地域はもちろんのこと、隣の町のことも考え、ひいては日本を守るという意識がないといけません。そのためには組織を大きくし、その中で消防職員同士が切磋琢磨し、例えば「私も埼玉県特別機動援助隊のメンバーになりたい」という若い職員を育てる環境が必要であり、そのことを住民にも理解してもらわなければならないと強く感じました。
国も、平成24年度末までに全国的に広域化を実現しようと交付税措置や支援策をもって進めてきましたが、埼玉県も含め全国的にも十分進んでいるわけではないようです。理屈では十分理解はするが、費用対効果、それぞれの事情があるらしく、第4ブロック、第7ブロックのみが先行しています。担当課の努力も理解していますが、結果はなかなかついていきません。
本年度は計画の最終年度です。そこで、知事に伺います。本年度末までの全国の消防広域化の見通しはどのような状況でしょうか、また、県は今後どのような方針で広域化を推進していくのでしょうか、知事のご所見を伺います。

A 上田清司 知事

「消防の広域化について」のお尋ねのうち、消防広域化の見通しについてでございます。
全国の消防本部の数は、平成19年4月現在で807でございます。
広域化計画では、このうち655の消防本部を150の広域消防本部に統合する計画になっています。
本年度末までの予定では、この150のうち26の広域化が見込まれておりまして、残念ながら全体の17%です。
この26の中には久喜市など3市3町の第7ブロックと所沢市など5市の第4ブロックが含まれています。
次に、今後の広域化の方針についてでございますが、全国で今年度内に実現できる消防広域化は26にとどまって消防の広域化が進んでおりません。
しかし、東日本大震災のような大規模災害に備えるためには広域化による消防力の強化が必要でございます。
東京23区を中心とした東京消防庁は、機動力と高度な資機材を有するなど、抜群の消防力を持っていることは御存じのとおりであります。
各県も東京消防庁のような消防力を持ちたいと思っているのは、偽らざる真実でございます。
来年4月には、県内で2つの広域消防本部が誕生します。
この2つの消防本部は、人口規模で第7ブロックが約46万人、第4ブロックが約79万人と全国的に見ても大変大きな消防本部になります。
この2つの広域化をモデルケースとして引き続き県としても支援を行いながら他のブロックの広域化を推進していきます。
強い消防の実現という最終ゴールは理解されていますので、市町村において様々な課題を克服していただきたい、このように思っております。
県としては、引き続き広域化の動きについて全面的に支援をしてまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、正式な会議録とは若干異なります。 

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?