埼玉県議会

ここから本文です。

ページ番号:121988

掲載日:2021年1月26日

トップ

152号表紙

12月定例会の動き

12月4日(月)から12月22日(金)までの19日間にわたって開かれました。

開会日 12月4日
知事から知事提出議案について、提案説明が行われました。

一般質問 12月8日・11日~14日
15人の議員が質疑・質問を行い、活発な論議が行われました。 

常任委員会 12月18日
条例などの議案および請願の審査などが行われました。  

特別委員会 12月20日
議案および付託案件の審査が行われました。

閉会日 12月22日
各委員会の委員長報告を受けて討論・採決が行われました。

議決の概要

知事提出議案

  • 平成29年度埼玉県一般会計補正予算(第4号)
  • 知事の権限に属する事務処理の特例に関する条例の一部を改正する条例
  • 埼玉県屋外広告物条例の一部を改正する条例

など34件を可決、2件を認定、4件に同意。

議員提出議案

  • 埼玉県小規模企業振興基本条例

など12件を可決。

議長メッセージ

正副議長

暦の上ではまもなく立春を迎えますが、まだまだ寒い日々が続いております。県民の皆さまにおかれましては、いかがお過ごしでしょうか。
さて、昨年を振り返ってみますと、花咲徳栄高等学校が埼玉県勢として初めて夏の全国高等学校野球選手権大会で優勝し、浦和レッズがアジアチャンピオンズリーグで10年ぶり2回目の優勝を果たすなど、本県のスポーツ界が大いに盛り上がった一年でした。
また、世界中の盆栽愛好家が4年に1度集う第8回世界盆栽大会がさいたま市で開催され、「bonsai」を通じた国際交流が大いに深まったことも印象的でした。
国際交流ということでは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けてホストタウンの登録が本県でも進み、すでに住民と選手の交流が始まっているところもあります。また、来年はラグビーワールドカップが開催されます。人的・経済的・文化的な交流をさらに進め、本県の観光振興や地域活性化を図る絶好の機会が訪れています。世界一の「おもてなし」で、来県者の皆さまをお迎えできるよう、しっかりと準備を進めていきたいと考えております。
一方、戦後一貫して増加を続けてきた本県の人口がまもなく減少に転じます。働き盛りの世代の減少がさらに進み、高齢者数は急増します。そのような中にあっても、私たちは、県民の皆さまの豊かな生活を守り、地域の活力を維持していかなければなりません。
新年を迎え、決意も新たに、県民の皆さまが安心・安全に暮らすことのできる郷土埼玉を知事をはじめ執行部と共に築き上げていく所存です。
来月には2月定例会の開会が予定されています。平成30年度当初予算案の審議などに当たりましては、県民の皆さまのご期待に応えられるよう全力を尽くしてまいります。どうぞ本年も、県議会に対するご支援ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

会派別所属議員数

会派名(略称)

自民 

民進・無所属

公明

県民

共産党

改革

無所属

所属議員数

52人

9人

8人

8人

5人

3人

1人

86人(欠員7人)

平成30年1月17日現在

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?