埼玉県議会

ここから本文です。

ページ番号:107307

掲載日:2020年8月19日

「埼玉県虐待禁止条例」を可決

現在、県内の児童、高齢者および障害者に対する虐待件数はいずれも増加傾向にあり、虐待は後を絶たない状況です。
虐待をなくすためには、虐待はいかなる理由があっても禁止されるものであるという認識を県民全体で共有する必要があり、そのためには虐待を絶対に許してはならないという強い姿勢を県が率先して示していく必要があります。
そこで、虐待の防止について基本的な事項を定めることなどにより総合的に施策を推進するため、本条例案が議員提出され、可決されました。
なお、虐待全般を網羅的に一本化して条例を制定するのは、都道府県で初めてです。(施行:平成30年4月1日)

条例の概要

○県の責務などを明文化

  • 県の責務 ..............虐待の防止などに関する施策の策定および実施など
  • 養護者の責務 ......虐待の禁止、児童などの安全・安心な生活の確保
  • 県民の役割 ..........虐待のない地域づくりへの積極的な参加など

○虐待の防止などに関する主要な施策を規定

  • 通告、通報、届け出および相談の環境の整備
  • 関係者間での情報の共有の促進
  • 虐待の防止などに関する研修の義務付け など

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?