• トップページ
  • 診療のご案内
  • 各部門の紹介
  • センターのご紹介
  • 採用案内

ここから本文です。

 

掲載日:2020年4月16日

血液検査 

WBC(白血球)

炎症や感染症がある場合に増加します。発熱があるときには、増加することが多く、術後なども増加します。喫煙者、ステロイド使用などの場合にも高くなることがあります。

RBC(赤血球)、Hb(ヘモグロビン)、Ht(ヘマトクリット)

赤血球は、酸素を運びます。基準値未満だと貧血が疑われます。Hbで8g/dl 以下の重症の貧血で、息切れや疲労感などが現れてきます。高齢者や腎不全の方は低めで、増血剤を投与することがあります。

PLT(血小板)

血小板には、血液を凝固させて、出血を止める働きがあります。そのため、血小板の数が減ると、出血が止まりにくくなります。

AST、ALT

AST、ALTとも肝臓の機能を表します。基準値を超す場合は肝臓病・肝障害が疑われます。 ただしAST は、心臓の筋肉や骨格筋などにも多く含まれており、心筋梗塞などでも数値が高くなります。肥満、脂肪肝の方は、数値があがりますので、食生活改善と適度な運動が必要です。肥満、脂肪肝の方は、心・血管疾患の悪化リスクは高いです。

γ-GTP

肝・胆道系の病気があると上がります。基準値を超える場合は、脂肪肝、アルコール性肝障害、肝炎、肝硬変、肝臓がん、胆石、胆のう炎、膵臓がんなどが疑われます。異常値の方は、脂肪肝、アルコール性肝障害が多いため、食生活改善と適度な運動が必要と考えます。

ALP(アルカリフォスファターゼ)

肝臓、骨、腸、腎臓などさまざまな臓器に含まれている酵素です。こうした臓器に障害が発生すると、血液中に流れ出します。そのため、胆嚢炎、肝炎、骨の病気、腎疾患などで検査値が高くなりますが、他の検査結果と総合的に判断します。

TBil(総ビリルビン)

ビリルビンは、黄疸をあらわす数値です。基準値より高い場合は、肝炎、肝硬変、胆石症、胆のう炎などを疑いますが、体質的に高い方もいます。

TP(総たんぱく)、Alb(アルブミン)

血清中のたんぱく質、アルブミンを表します。基準値より低い場合は、低栄養、肝臓障害や腎障害が考えられます。低下している場合は、むくみの原因となり、全身状態不良で低栄養のため、傷・病気も治りづらくなります。

AMY(アミラーゼ)

アミラーゼは、膵液や唾液に含まれる消化酵素です。そのため膵炎や耳下腺炎の場合上昇します。

LDL(LDLコレステロール)

いわゆる悪玉コレステロールと言われるものです。高値の場合、動脈硬化を促進します。虚血性心疾患、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症、動脈瘤などが起こりやすくなります。LDLが基準値を超える人は、食生活改善と適度な運動が重要です。

HDL(HDLコレステロール)

いわゆる善玉コレステロールと言われ、血液中の余分なコレステロールを回収して肝臓に運び戻します。基準値より低い場合は、動脈硬化が進行し高血圧、糖尿病、虚血性心疾患などが発生しやすくなります。喫煙や運動不足などで低くなることがあります。

TG(中性脂肪)

血液中の中性脂肪値が基準値より高いと、動脈硬化が促進され、生活習慣病となります。中性脂肪は特に食事との関係が深く、食べ過ぎなどによるエネルギーのとり過ぎが、中性脂肪値を上げる最大の原因です。

HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)

HbA1c は、赤血球のヘモグロビンAと血液中のブドウ糖とが結合したもので「グリコヘモグロビン」といいます。HbA1c は、1~2か月間の血糖の状態を、推測することができます。HbA1c は、糖尿病の確定診断の指標や病気の経過を観察するのに役立ちます。糖尿病の方は、心・血管疾患を進行させ、手術時の合併症も高くなります。そのため、しっかりとした糖尿病治療が必要です。

UA(尿酸)

尿酸は、プリン体が分解されてできる老廃物で、血液中の尿酸濃度が基準値より高いと高尿酸血症と診断され、痛風発作や腎臓病などを起こします。また、動脈硬化を進行させ、心・血管疾患を進行させます。高尿酸血症には、肥満や食べ過ぎ、お酒の飲み過ぎなどが関係していますので、食生活改善と適度な運動が必要です。

Cre(クレアチニン)、GFR(糸球体濾過量)

クレアチニンは、腎機能を表します。最近では、年齢・性別なで補正した腎機能を表すGFRを指標とする場合が多いです。Creが基準値を上回る場合(GFRが低下している場合)は、腎機能障害や腎不全です。そのため、血圧管理、食事栄養管理などが大切です。腎機能が低下している場合には、造影剤を使用した検査、治療に注意が必要と言われております。また、腎機能低下患者さんは、一般的に手術リスクが高いため、十分注意が必要です。

CRP

炎症の指標です。発熱がある場合に上昇する事が多く、感染症や術後の場合に上昇します。また、膠原病、心筋梗塞などでも上昇します。

PT、APTT

血液の凝固能を表します。ワーファリン、ヘパリンなどの抗凝固薬を使用している場合に、指標とします。

Dダイマー

血液の凝固、血栓の指標です。血栓症の場合、上昇する場合があります。また、動脈瘤、動脈解離、術後も上昇します。

 

お問い合わせ

病院局 循環器・呼吸器病センター  

郵便番号360-0197 埼玉県熊谷市板井1696

ファックス:048-536-9920

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?