• トップページ
  • 診療のご案内
  • 各部門の紹介
  • センターのご紹介
  • 採用案内

ここから本文です。

 

掲載日:2019年7月22日

血管外科

血管疾患と治療

腎動脈狭窄症

腎動脈は腹部の大動脈から枝分かれして、左右に一つずつある腎臓に血液を供給している血管(まれに数本の患者さんもいます)ですが、加齢と動脈硬化症により狭くなりやすい血管の一つです。腎動脈が狭くなった場合、初期のうちは全く症状がありませんが、狭窄率が約70%をこえると血圧が上昇する(高血圧)などの症状が出ることがあります。さらに血管が狭くなると腎臓にいく血流が不足し、腎機能が悪化し、最終的には血液透析が必要となることもあります。

下記の所見のある場合には、腎動脈狭窄が疑われため検査を行います。

  1. 原因不明の腎機能障害
  2. 55歳以上で高血圧を発症
  3. 安定していた高血圧の悪化
  4. 3種類以上の高血圧の内服が必要
  5. 左右の腎臓の大きさが違う
  6. 原因不明の肺水腫
  7. 腹部ステントグラフト術後の腎機能障害・高血圧悪化

検査は血液検査と超音波検査です。さらに、腎動脈MR、CTやレノグラム(分腎機能検査)を行います。高度腎動脈狭窄を認めた場合、症状などを総合的に判断し、腎動脈をバルーン拡張し、ステントを挿入します。

 

お問い合わせ

病院局 循環器・呼吸器病センター  

郵便番号360-0197 埼玉県熊谷市板井1696

ファックス:048-536-9920

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?