• トップページ
  • 診療のご案内
  • 各部門の紹介
  • センターのご紹介
  • 採用案内

循環器・呼吸器病センター > 診療科及び各部門の紹介 > 血管外科 > 腎不全:血液透析用内シャント造設

ここから本文です。

 

掲載日:2019年7月22日

血管外科

血管疾患と治療

腎不全:血液透析用内シャント造設

透析患者さんは、糖尿病や動脈硬化疾患の増加により、年々増加しています。当院も循環器センターのため、慢性腎機能障害・腎不全の患者さんが多いです2014年より腎臓内科専門医師である清水医師の赴任により、維持血液透析をおこなえるようになりました。そのため、当院で透析導入される患者さんも多いです。透析療法の必要な患者さんは、動脈と静脈を吻合し内シャント造設する必要があります。動脈硬化などが強く難しい場合には、腎臓内科とカンファレンスをおこない、人工血管での内シャントや動脈表在化などをおこないます。早期穿刺を目指したシャント造設をおこなっております。また、再閉塞やシャント不全に対しても、腎臓内科とカンファレンスを行い、バルーン拡張や再増設なども対応しております。

 

お問い合わせ

病院局 循環器・呼吸器病センター  

郵便番号360-0197 埼玉県熊谷市板井1696

ファックス:048-536-9920

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?