ここから本文です。

うどんパスポート表紙

「埼玉うどんパスポート 2019」を発刊

県別うどん生産量第2位の隠れた「うどん王国」埼玉を盛り上げます!

この度、(一社)埼玉県物産観光協会は、「埼玉うどんパスポート2019」を発刊いたしました。
本誌は、「埼玉を日本一の『うどん県』にする会」会長である永谷晶久氏に監修いただき、本県のうどん文化、県内各地のご当地うどんの紹介を行い、「ランチパスポート」として県内うどん提供店61店舗の情報を掲載しています。さらに、本誌の中で県内を回遊するスタンプラリーの企画もあります。

【発刊の背景】

埼玉県は、全国でも有数の「うどん王国」であり、県内各地には現在、20種類を超えるご当地うどんがあると言われています。
また、小麦の品質・収穫量ともに劇的に向上させ現代日本の小麦栽培技術を確立し、広く全国に伝えた麦王(麦翁)・権田愛三(1850年~1928年)は埼玉・熊谷の出身です。こうした「聖地」熊谷では、「第9回全国ご当地うどんサミット2019 in 熊谷」が今年11月に3年目の連続開催になるなど、機運が高まっています。
そこで「うどん王国」埼玉を更に盛り上げ、県内各地域のうどんの認知度向上と地域経済の活性化を図り、本県の“うどん”ファンの裾野を広げ、うどん消費量の増加を目的として、本誌の発刊にいたしました。

 

【「埼玉うどんパスポート 2019」概要】

発行日 2019年10月1日(火曜日)
発行部数 12、000部(WEBアプリでも使用可能)
仕様 A5変形版約80ページ
価格 無償配布
配布場所 県内の掲載協力店舗、埼玉県物産観光館「そぴあ」、全国ご当地うどんサミット2019会場
掲載店舗数 県内61店舗
使用期間 2019年10月1日~2020年2月29日
その他

上記期間中にスタンプラリーを実施、抽選で県産品プレゼントあり。
WEBアプリ QRコードまたはURLからWEBアプリ版のダウンロードが可能。
なお、巻末ハガキを使用したスタンプラリーに参加するには冊子が必要です。
URL:http://snapprint.gloomy.jp/sup/saitama.html

うどんパスポートQR

問合せ先

(一社)埼玉県物産観光協会

〒330-8669埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 ソニックシティビル5階  電話:048-647-0500 / ファックス:048-647-7745