環境科学国際センター > 試験研究の取組 > 研究評価の取組 > 平成26年度第2回研究審査会コメント1

ここから本文です。

 

掲載日:2019年2月6日

平成26年度第2回研究審査会コメント1

研究課題

海成堆積物の風化メカニズムと土壌汚染リスク管理に向けた検討

研究審査会コメント

  • 政策に直結させるためには、さらに定量化を詰める必要がある。極めて難しいことであるものの、是非実践していただきたい。
  • 従来法と比較し、貝殻類を使用することにより低コスト・容易な作業で溶出抑制が可能であると考えられる。
  • 学術的並びに工学的に、今後の発展が多いに期待される内容である。
  • 実際の土木現場での土壌地盤改良手法として実用化にもつながる研究成果である。
  • 是非実用化に向けた取り組みを心がけていただきたい。
  • 海成堆積物中の黄鉄鉱成分の酸化メカニズムの解明は、対策技術に直結する成果として期待したい。

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?