環境科学国際センター > 試験研究の取組 > 研究評価の取組 > 平成26年度第2回研究審査会コメント4

ここから本文です。

 

掲載日:2019年2月6日

平成26年度第2回研究審査会コメント4

研究課題

  自然環境データベースのGISによる構築・運用 -森林変遷の把握と温暖化緩和機能の評価-

研究審査会コメント

  • 共通で使える仕組みを、考えていただき、一般の方々のニーズにあったものになるとなお良い。
  • 蓄積された情報を研究資源として活用した研究展開を図る必要があると考える。
  • より分かりやすい高品質な情報を県民に提供することは重要であり、今後の継続が望まれる。
  • 研究成果の県施策への展開・実用として、他の行政部局(都市行政、土地利用、統計部局)と連携して、政策立案に関わる体系的なデータベースの構築、県土データの統一的な情報基盤づくりに進むことを期待したい.
  • 情報管理の部署を設けて、常に収集しデータベース構築、情報発信を進めておくべきである。
  • 今後は、更新とともに、利用方法を工夫するなどして、本システムの利用拡大を図る必要がある。

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?