環境科学国際センター > 試験研究の取組 > 研究評価の取組 > 平成26年度第2回研究審査会コメント3

ここから本文です。

 

掲載日:2019年2月6日

平成26年度第2回研究審査会コメント3

研究課題

   降水によって水環境に移行しうる燃焼由来ダイオキシン類に関する研究

研究審査会コメント

  • 今後、観測点を増設し、発生源との距離や密度との関係などの調査研究をあらためて展開することが重要と考える。
  • 大都市近郊では同様な状況にある場合が多いと考えられ、本調査研究が今後の環境保全対策あるいは施策立案等につながることを期待したい。
  • 県民に関心の高いダイオキシン類の挙動を明らかにした研究として、大きな意義が認められる。
  • せっかく非常に有用なデータが得られたのだから、一層の水質浄化にも取り組めるよう、他の河川のデータも加えて、進んでいって欲しい。
  • 発生源情報や観測値も限定的にならざるを得ないなかで、ダイオキシン類の挙動を明らかにした点は学術的にも、行政的にも評価できる。

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?