環境科学国際センター > 試験研究の取組 > 研究評価の取組 > 平成26年度第1回研究審査会コメント3

ここから本文です。

 

掲載日:2019年2月6日

 平成26年度第1回研究審査会コメント3

研究課題

  県内における有機ハロゲン難燃剤の汚染実態の把握

研究審査会コメント

  • ある程度のデータが集まった段階で丁寧な解釈を行い(気・液・固の相互作用など)、リスク評価につなげていただきたい。
  • 実態把握の先の展開についても取り組み方針を明確にして課題遂行の支援をする必要性がある。
  • 時宜を得た研究であり、また成果が期待される研究である。
  • 他研究機関との連携について、積極的に実施することにより十分な研究成果が期待できる。
  • 分析法の確立は緊急に必要なことであり、他研究機関や文献データなどの有効な活用を進めながら、独自の効率的手法の開拓を目指して欲しい。
  • 便利なゆえに多用されている難燃剤に着目した汚染実態に関する調査研究の緊急性と必要性は非常に高い。

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?